最後のご挨拶

毎度ご愛顧賜り、まことにありがとうございます。 当ブログの写真容量が設定限度に近付きつつあるので、新年を機に、お引越しとなります。 新しいブログはコチラ。 なんだ、全然代わりばえしない・・・どころか、今後ますます、いよいよどうでも良いクダラない与太ブログとなりますが、引き続きご愛読頂ければ幸いです。記録だけに意味が(少し)ある。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大晦日のいつもの光景

①夕方過ぎの東武伊勢崎線≪ふるさと特急りょうもう号≫で群馬・邑楽の実家に帰省。 ・・・大晦日夕方のふるさと特急は帰省客・お出掛け帰り客で毎年確実に満席。従って、窓際の席に座ってゆったり寛ぐためには、3日前までには業務帰りの北千住駅で特急指定席券を購入しておきます。そんなどうでもイイ小さな努力あってこその「いつもの光景」とい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

元祖ラーメン鍋本道

渋谷&池袋でのモツ鍋の中華麺〆や群馬・邑楽亭での『サッポロ一番塩ラーメン』の鍋など、「ラーメン鍋」の旨さに再開眼した今冬ですが・・・ ・・・やはり、ラーメン鍋の元祖はコイツでしょうか。何しろ、普通にコイツを作る過程が「スープでラーメンや野菜を5分煮込む」という、まさに「ラーメン鍋」の作法だからです。 ・・・そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最後の路蕎麦

今冬初めての朝一⇒夜まで池袋業務。ということは、今冬初の池袋業務合間昼メシですな。気合を入れて・・・ ・・・あ、先週土曜日から軽い胃もたれが続いている(激務でもないのにね)ので、無難にコイツを。≪小諸そば≫の『たぬきそば』300円です。でも、ダブル盛りで+60円。あくまでも胃もたれですが、普通の盛りでは、夜まで体力を維持で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

定点鉄板一気読み再び(2015年12月27日)

久しぶりに時間を忘れて一気読みし、かつ、久しぶりに≪Book-Off≫の108円均一棚から離れて(でもやっぱりB-Oで)買った三浦しをん大先生の『まほろ駅前多田便利軒』シリーズに続く鉄板一気読みB-Oでも350円の一作。 ・・・コチラもベストセラーで、確かジーパン刑事の長男が主演で映画化されましたな。もう何年も読んでみたい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道めんつゆ活用

先日池袋の北海道物産ショップで購入した「北海道のめんつゆ」を使って、ひと手間かけた料理などを。ヒマだからな(しつこい)。 ・・・題して「ほたじゃが」=「肉じゃが」の「肉」⇒「ホタテ」=ま、要するに、ホタテ(しかも、ちゃんとしたヤツぢゃなくて、ベビー帆立だし)・じゃがいも・にんじん・しめじをフライパンで軽く炒め、その後、薄め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週に一度はレトルト大阪カレー

つい先日、久々に「ご当地スーパー」の本を読んだからというワケもないのですが、急に大阪のスーパーでしか買えないアレコレ(例えば『セミ餃子』とか)への憧れが再燃。インターネットでいろいろ検索している内に、コイツにも再会したところ・・・ ・・・コイツを始めとして、西日本方面限定のインスタント食品を通販で買えるサイトに行き着く。大…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

町屋で久々開拓の立食そば

珍しく朝一から業務。今冬期に入って、これが初めて・・・なんて、とてもよくない兆候ですが、アウト・オブ・コントロールだから、気にしても仕方ない。しかも、午前の部のみで終了。もう仕方ない。 ・・・せめては、立食いそばでも食らって帰りましょう。そう、立食いそばが旨けりゃ、クサクサした気分も晴れる・・・かも・・・というのがJR小山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

偽テツ食卓万歳

関西で生まれ育った人にとっては、「竹輪とカマボコ」と言えば、真っ先に思い浮かぶのは≪カネテツ≫だと思いますが、どうも、関東・東京の方にはあまり馴染みがないようですね。ワタシは兵庫・大阪で幼少期を過ごしたので、勿論「てっちゃん、てっちゃん、カネテッチャン、竹輪とカマボコ頂戴な~♪」のCMソングを口ずさむ子供でした。つか、ワタシの名前はこの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR小山駅ホーム宿木緊急事態

コレがその小山駅のアレです。 ・・・夕暮れ時、暗くなり始めたホームにポツンと灯る立食いそばのあかり。まさに「ただ一灯を頼め」です。 ・・・否、「ただ一杯を頼め」です。小山駅のザ・立食いそば・オブ・立食いそば=『天ぷらそば』370円の堂々たる佇まい。 ・・・おおっ、いつもながらのフカフカ具沢山の天…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

非青春133円切符の旅

日曜日の昼間なのに、この至福の光景です。 ・・・JR常磐線快速列車のグリーン車中。が、別にどこに向かうワケでもありません。久しぶりにJR大回り133円の旅です(消費税アップにより半端な額に)。金町⇒松戸⇒友部(常磐線)⇒小山(水戸線)⇒赤羽(宇都宮線)⇒日暮里⇒亀有という片道大回りの旅です。バカげていることは、百も承知。列…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

定点日本全国のスーパーを思い出して(2015年12月19日)

もう、この手のご当地B級グルメ関連本を買うのは止めよう←新しい情報もそれほどないし・・・と思っていたのですが、やはり、かつて金と時間と労力を惜しまず注ぎ込んで日本全国のスーパーを渉猟していた頃のことが忘れられず・・・ ・・・買っちゃいました。ヒマだしな、最近。そう言えば、新刊本を買うこと自体、最近では珍しいな。ま、それなり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悠々上州正田肉豆腐

昨日からようやく冬期業務が本格稼動開始。が、やっぱり、昼飯を外食で食わねばならないような忙しい業務日程でもないし、晩飯を外食で食わねばならないほど心身に余裕のない状況でもありません。だから、家でメシを食うさ、そりゃ。晴耕雨読ということさ。 ・・・こんなこともあろうかと、しばらく前に群馬・邑楽に帰省した際、コイツを購入してお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今月の不気合1本

(再三繰り返していて、最早「愚痴」レベルですが・・・)業界的には「かきいれどき」なので、本来は忙しいはずの12月なのですが、業務の体系・評価その他諸々の事情により、半ば過ぎまで結構ヒマになっています。そう言えば、今年は夏期も7月前半がこんな感じだったな。ま、今年度は通常業務の日々が忙しかったので、トータルでの労働量はあまり変わらないので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

池袋もつ慰労鍋の夜

12月に入り、わざわざ慰労するほど業務が激務なワケでもないのですが、11月までの通常業務は例年になくプチ激務で、かつ、現場仲間のある御仁が若干のストレスを抱えていらっしゃるので、急遽もつ慰労。 ・・・もつ鍋でね。え? これ、ホントにもつ鍋? 店の看板には≪もつ鍋帝王≫とありますが・・・ ・・・まるで、夜な夜な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

定点新江戸安定推移(2015年12月13日)

『御宿かわせみ』シリーズの第三作。いよいよ本格的に安定モードへ移行しました。 ・・・キャラの完全確定はもちろん、ますます沁みる江戸情緒&庶民の哀歓、純粋な捕り物としての面白さ、そして、主人公と可憐な恋人のふれあい等々。楽しみのために何か読みたい時に悩む必要が全くない情況になったワケです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新日本味噌紀行落穂拾い

久々に新日本味噌紀行などを。メジャーどころのご当地味噌は、ほぼ賞味したと思うので、今後は落穂拾い的に局地味噌を賞味の予定。手始めに『秋田味噌』を・・・ ・・・我が葛飾・金町の≪イトーヨーカドー≫にて発見。そりゃ、買うでしょ。500グラム入り300円(税込)だし。秋田の地味噌蔵≪株式会社浅利佐助商店≫という屋号も凄いね。で、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もう一つの解禁

金町亭大土鍋解禁に続き、ついにあの冬メンバーも解禁。 ・・・ま、要するに湯豆腐です。こうなると、もう後戻りできない本物の冬ですね。でも、別にイイんです。大丈夫なんです。 ・・・冬には冬の楽しみがたくさんあるワケです。いや、そんなに多くないか。でも、熱燗があれば、他にあまり多くは要らない。あ、この『高清水』、一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

池袋に北海道

知り合いの若い御仁が函館に旅行に行くとのことで、俄かに函館話で盛り上がり(ワタシも3泊4日でドップリ堪能したことがある)、北海道のご当地味への憧れ、というか、日本全国ご当地味を求めて漂白し続けた日々の病気が一瞬再発、池袋業務の前に、同地にある北海道物産店≪どさんこプラザ≫に立ち寄り・・・ ・・・久々に買い物。北海道民御用達…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

定点壮大緻密先生原風景(2015年12月6日)

ワタシの大好きな『銀河英雄伝説』や『創竜伝』・『アルスラーン戦記』などでお馴染のエンターテインメント大先生の珍しい奇作・・・ ・・・と思いきや、大先生が大学院の修士論文のテーマに選んだ作品のリライトとのことでした。なるほど、中国歴史小説の大家でもいらっしゃる大先生のルーツはこんなところにあったのですな。そして、さすがの面白…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more