中野昭和空間

*行きつけの書店の店頭でこんなモノを見付けてしまいました。

画像


・・・・・・『昭和お宝大図鑑』ですって。昭和! お宝! しかも、謳い文句は「見て楽しい懐かしアイテムてんこ盛り! ギッシリ詰ったプレミア品1599点!!」ですって。てんこ盛り! 1599点! いっぱしの昭和レトロ・マニアであるならば、買わずにいられようか? いや、いられませんよ。買っちゃいました。1260円。その日の内に飲酒読了。期待通りの読み応え&見応えで、恍惚のノスタル汁まみれでした。「昭和」を彩った懐かしいおもちゃ・マンガ・アイドル・雑誌&書籍・レコード・映画、さらに、食品・菓子・家電・日用品・文具・広告などなど、恐るべき充実度。そして、こういう本を読むと、直ぐにでもアソコに行きたくなりますな・・・

*というワケで、アソコに行って参りました。東京・中野の≪中野ブロードウェイ≫です。

画像


・・・・・・今ではあの秋葉原と並ぶ「オタクの聖地」(&通の外国人旅行者向けの観光スポット)となっているようですが、元々コチラは、萌え萌え的なアレとかコス的なソレやらより、むしろ「昭和レトロ」の方面に強いスポットでして、俄かにヒートアップしたワタシの昭和熱を十二分に吸収してくれました。

画像


画像


画像


・・・・・・つか、いろいろあり過ぎて、逆に疲弊。昨夜読んだ『昭和お宝大図鑑』のラインナップよろしく、まさに「昭和」を彩った懐かしいおもちゃ・マンガ・アイドル系グッズ・雑誌&書籍・レコード・映画グッズ、さらには、日用品・文具・広告・企業ノベルティグッズなどなどなどなど、ああ、一日居ても飽きませんな、この魔窟は。何だったら、近くに宿をとって、「合宿」も可能だ。

画像


・・・・・・つか、≪まんだらけ≫ってスゴイな。ただのマンガ古本屋だと思っとりましたが、今では各種レトログッズのジャンルにも手を広げ、≪ブロードウェイ≫だけで20以上もの店舗を構えているのね。

画像


画像


(↓残念ながら、この世界の良さはさすがに理解できません。年齢のせいね)

画像


(↓しかし、コチラにはビビビと反応。「キン消し」ではなく、「怪獣消しゴム」です)

画像


・・・・・・昔はただの「ゴミ」に過ぎなかった物体が、1000円⇒1万円、さらには10万円以上もの値を付けるものさえも。まさに「ゴミは30年経てば宝になる」の格言通りですな。今回一番驚いたのは、某アンティーク・ショップで見付けた『超人バロム1』の“イカゲルゲ”のソフビ人形。なんと19万円!!! 肝心のバロム1は1000円なのに・・・昭和レトロの世界を堪能し尽した次第です。

(↓なお、1階部分は至って普通のアーケード商店街風)

画像


画像


*いや、まあ、せっかくなので、昭和レトロ館(←最早呼び方が違う)だけでなく、軽く中野界隈も散策しておきましょう。城東の地に住んでいると、意外とJR中央線沿線の街は遠い存在だったりしますし。で、とりあえず≪サンモール≫と≪ふれあいロード≫なる2本のメイン商店街&+αを1往復ずつ。

画像


画像


画像


画像


画像


(↓中野の一大名所ね。結構空いてました)

画像


画像


(↓最深部)

画像


画像


・・・・・・飲食店関係が異常に充実していて、なかなかイイ雰囲気でした。レトロ館に劣らぬマニアックなお店もチラホラ。全体的には、確かに「夢いっぱい、お金少々」な若者が集いそうな空気ではありました。随分ザックリした感想ですが。

*その後、しばらく前に『アド街』でも取り上げていた≪新井薬師≫前の参道≪薬師あいロード≫などにも足を伸ばしてみる。中野とは≪早稲田通り≫を1本挟んでいるだけですし。

画像


画像


画像


画像


画像


・・・・・・思ったよりは至って普通の商店街でした。逆に、この周辺だけで60分の番組を作り出してしまう『アド街』の凄さを改めて認識。意義深い散策でした。

画像


画像


画像


画像


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント