コンビニ弁当ですらネタな日々

*これまでも何度か言及しておりますが、「夜遅くに仕事帰りにコンビニに立ち寄る」的なシチュエーションがほとんどなくなったせいで、週刊漫画誌を立ち読みするという習慣がなくなると同時に、「コンビニ弁当」を食べるという習慣も完全になくなりました。で、特に何かきっかけがあったワケでもないのですが、なぜか久々に食らってみたくなり、わざわざ≪セブン-イレブン≫へ。『幕の内弁当』398円を購入。

画像


画像


・・・・・・100年に一度の未曾有の大不況&そういう意味ではありがたいデフレ天国の昨今、スーパーやコンビニやデパ地下などで「ワンコイン弁当戦争」が激化しているようですが、良くも悪くも「戦争」というのは科学や技術の進化の重要なモチベーションになるのですね。コチラの幕の内クンも、かつてワタシが親しんだコンビニ弁当のレベルに比べれば、かなり完成度が高いぢゃないか。

(↓オカズは定番の鮭を筆頭に、結構イイ感じのハンバーグ・コロッケ・粗挽きウィンナー半切れ・薄い卵焼き1切れ・ショボイが故に味わい深いエビ天ぷら・ひじき煮などなど、実にバラエティに富んでおります。とても398円の布陣とは思えません)

画像


(↓しかも、ご飯の上に載った梅干は予め種を取ってあるなど、ちょっとした心配りも嬉しいやね)

画像


(↓あ、栄養のバランスも兼ねて『フレッシュ野菜サラダ』(ドレッシング別)158円も追加)

画像


・・・・・・これらに冷奴と生卵入りカップ麺と500mlロング・サイズの缶ビールを付ければ完成・・・というのが、あの(ワリとよく働いていた)頃の通常大定番の晩飯セットでした。

(↓懐かしのセットを再現してみますか)

画像


・・・・・・但し、あの頃の美しいまでの野蛮な食欲はもはやないので、カップ麺は省略。

*あ、それなりにストレスがないワケでもない日々だったので(&それなりに小金もあったので)、当時大ブームになったミニチュアおまけ系の食玩なども毎回ついでに2・3個購入しとりましたな。こんなどうでもイイ事ですら、今となって思い出せば、懐かしくも切ない始末。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント