青春180円切符・思案電車の北関東旅

JR熊谷駅の構内でこの「誘惑のチラシ」を目にする度に、未だ消え難い漂白の思いがよみがえりまして。。。

画像


・・・このチラシを入手したのは昨年12月。当時は業務最繁忙期につき、当然そんな夢のような漂白が叶うはずもなく、せめては時刻表でも買って、池袋業務現場への途上で紙上妄想漂白・・・

画像


画像


・・・と思いきや、よく見ると「東日本」限定版ですか。なるほど。今のワタシには、せいぜい「青春180円切符」で北関東片道大回りの旅ぐらいが関の山・・・いやいや、それだって叶わぬ贅沢でした。つか、週に3回も熊谷-池袋を往復してりゃ、休日に電車に乗りたいと思うワケもないやね。が、2月も半ばに差し掛かって、ようやく憧れの「週休2日」が復活、かつ、その内1日は平日。しかも、少々考えたいことなどもあり、久々に無意味・無目的に電車に乗り込んでみました。

画像


・・・ま、「リハビリ」ですので、あまり大きな迂回は望みません。JR高崎線で熊谷⇒高崎:JR両毛線で高崎⇒小山:JR宇都宮線で小山⇒大宮:JR高崎線で大宮⇒熊谷という北関東半周の小さな小さな呆然紀行という程度で。

(↓深谷~本庄間の車窓から、美し過ぎる赤城山の勇姿を発見)

画像


・・・何度も何度も往復しているルートですが、こんなに素晴らしい赤城山が見えるとは知りませんでした。ワシの目は常に何でも節穴。

画像


(↓高崎からは榛名山の雄大な山容を堪能)

画像


・・・これはこれで赤城山に劣らず素晴らしい。なお、高崎界隈からは、浅間山の威容も間近に楽しめます。つか、あまりに唐突な登場&不自然なまでの独立デカさに、不気味とすら思えてしまふ。

画像


(↓前橋付近にて)

画像


画像


・・・この辺りに来ると、つくづく「赤城山は前橋の山」という感がします。この風景だけでも、住んでみたくなる街になっちゃうから、恐るべき魔力の赤城山。

画像


(↓そして、両毛線の「もう一つの顔」とも言える北関東の冬枯れの荒涼田園風景)

画像


・・・沁みる。とにかく沁みる。

画像


画像


(↓両毛線の車両)

画像


・・・首都圏では完全に絶滅した蜜柑&お茶ツートンカラーが眩し過ぎます。北関東の冬景色によく似合う。

画像


(↓小山駅のキオスクにて)

画像


画像


・・・いつの間にか、恐ろしく増殖しちょります。

画像


(↓今回はコチラを購入。イチゴ!! やり過ぎだ)

画像


*あ、肝心のもろもろ思案の方は、車窓を流れる北関東の各種荒涼風景に目を奪われている内に段々薄れゆき・・・ま、予想通りの展開ですかね。が、久々に「帰りなんいざ・・・」の最初にして最大の触媒であった赤城山の限りなく優しくおおらかな姿を拝め、あの時の感情をほんの少し思い出したりした次第です。最近は、北関東のマイ原風景的なアレコレをすっかり忘れてしまっていて、視線が南関東・東京方面にばかり向いていたことを猛省。それだけでも、無駄に大回りした甲斐があったというものです。そうだよなぁ。赤城山があったのだよねぇ。。。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

TAMA
2011年02月13日 18:02
先日この湘南カラーの列車が鴻巣駅を通過する姿を発見。しかしよくよく見ると普通の185系(あかぎ)のカラーリングを変えただけ(それも半分の車両だけ)という具合でした。
JREのデリカシーの無さに、怒りを通り越して腰が砕ける虚脱感を覚えたのは私だけでしょうか。
ふみ
2011年02月13日 22:42
ワタシにもとにかく沁みました。
TAMAさん
2011年02月14日 03:04
小生もJR高崎線上を疾走する湘南カラーを見て、不思議に思っていたのですが、なるほど、そんなカラクリだったのですね。
半分の車両だけというのがトホホな限りです。

なお、両毛線・桐生駅の近くの車庫にはなぜか京浜東北線の車両が1列車だけポツンと停まっています。
どうやら「第2の人生」に向かう前の小休止だとか。
沁みます。
ふみさん
2011年02月14日 03:05
今回は北関東一周の大回りはできませんでしたが、次回は懐かしの常磐線も含めたルートで行ってみたいと思います。
もろもろ思い起こし、泣いてしまう・・・のか?
TAMA
2011年02月14日 10:10
ブログの旅愁に我慢ができず本物の湘南色列車に乗り両毛線を横断中。新前橋からの列車はなんと二両!こんな身近にこんな涙モノな体験ができるところがあるなんて。ブログに感謝感謝です。(さらに旅は続く)
TAMA
2011年02月14日 12:19
小山駅そばのかき揚げ実食。すごいっす!
その他諸々、今日の両毛線旅はちょっと思い出に残るかも。 本当にありがとう!
TAMAさん
2011年02月14日 15:09
おおっ、早速に北関東紀行に行かれたのですね。
恐るべき行動力です。
あいにくの曇天ですが、これくらいの方がかえって北関東っぽくてモア旅愁でしょうか。
赤城山はいかがでしたかね。

小山駅の野州そば、ご堪能頂けて幸甚です。
両毛線のホームにもあるというところが、また涙倍増です。
小生も大回り完成を目指し、近々再トライの予定です。
TAMA
2011年02月14日 19:17
いやぁいい旅でした。
メモ魔の私はノートとペンが手放せませんでした。
山前駅から「酒は大七」の看板発見!とか、
富田駅前のレンガ煙突は何だ!とか、
大平下駅となりの寂れたホーム&レールは?とか、
とにかく興奮しまくりの両毛線でした。
3月になったら、それこそ青春18で途中下車必至の旅にしたいと思います。
伊勢崎駅ホームからの赤城山の勇姿。あまりの絶景に、
「こんな景色が毎日見れるなんて不公平だよ」
と呟いてしまいましたとさ。
まr
2011年02月14日 20:59
やりすぎの気もしますが、「とちおとめ」果汁入りである点に郷土ラブを感じます。
TAMAさん
2011年02月15日 01:08
盛りだくさんの両毛線紀行だったようですね。
青春18紀行では、我が青春の地・足利などもご堪能頂ければ幸甚です。
あと、北関東最大級の奇勝・岩舟山なども。
お時間ありましたら、前橋の群馬県庁展望フロアから間近に見える赤城山も是非是非。
絶対に不公平だと思いますよ(笑)。
こう書くと、ホントに見所満載ですね、我が両毛。
まrさん
2011年02月15日 01:09
さて、肝心のお味の方ですが、実に全く・・・普通のイチゴ牛乳でした。
あ、でも、「とちおとめ」と言われれば、そんな気がしなくも・・・。