熊谷の街道グルメ1(峠のモツ)

我が熊谷市内の≪国道17号線(中山道)≫その他の大街道を走っている(ワタシはママチャリですがね)と、ワリと頻繁に昔ながらの「ドライブイン」のような食堂に出くわします。

画像


画像


・・・こんな感じ。ね、問答無用でザ・昭和な佇まいでしょ。せっかくだから、こうして熊谷に住み暮らしている間に一度くらい入っておきますか。しかも、コチラのお店、各種ブログで絶賛されているようですし。

(↓その絶賛の『もつ煮定食』600円)

画像


・・・実はもう2年も前から気になっておりました。

画像


・・・しまった。2年前に気になった時点で即刻くるべきでした。失われた2年を取り返したい。つまり、たいへん美味しいのでございます。脳髄シビレ系。

画像


・・・元来長距離ドライバーその他激しい労働に従事する皆様のための「補給所」ですので、基本的には濃い目の味付けなのですが、意外にも、素朴でこってり濃厚な味噌仕立てではなく、逆にすっきり上品な醤油仕立て。ううむ。これは恐れ入りました。どちらかと言うと「洗練された」アレかも。それでいて、がっつりこってり満足させる深い味わいです。丁寧に下処理されたモツは臭味が一切なく、もちろんトロトロぷるぷるにしっかり煮込まれています。旨い。2年前にこの味に出会っていれば・・・後悔モツに立たず。

(↓めしの量も肉体労働仕様でっせ。当たり前のように大盛り)

画像


・・・おそらく正味一合はありましょうか。「どんぶりめし」というのは、なんて素敵な言葉なのでしょうか。

(↓めしが半分になった時点で煮汁もろともモツぶっこみ)

画像


(↓わっはっはっは。旨い!)

画像


・・・凄い。凄過ぎる。

(↓味噌汁だって、何気に蜆汁だし)

画像


(↓そりゃ、当然こうなりますな)

画像


(↓店内点景)

画像


画像


・・・壁一面に貼られた短冊メニュー・延々と流れる美空ひばりのBGM・渋すぎる漫画本のコレクション(ほとんど極道モノ関係)などなど、これは恐ろしい店に出会ってしまいました。熊谷亭からチャリンコでそう遠くないので、せっせと通いたいと思います。

*熊谷に引っ越して来る前は、「熊谷に行ったら、いろいろ旨いモノでも食らうか。それしかナイしな・・・」と楽しみにしていたのですが、あれから早2年以上が経過。熊谷B級グルメ探索はトホホな惨状でございます。そして、気が付けば、熊谷退去も十分にあり得る今日この頃。イカンな。後悔するぞ、絶対。よって、できる限り熊谷の味を楽しむべく、ココに「熊谷B級グルメ探索基金」を設立します。基金額はとりあえず3万円くらいで。1食1000円前後のB級グルメですから、それでも結構イケまっせ。というワケで、第1回の計算。

<残基金3万円―600円=2万9400円>

ほらね、全然減らないでしょ。ま、せいぜい楽しむとします。ヒマだよな、万事。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

TAMA
2012年04月12日 08:33
この店、外回りの頃によく行きました。まだあるんですね。ファンがいるから続けられる、商売の基本です。あとは看板娘(?)
熊池跳人
2012年04月13日 01:40
さすがは「北埼玉(では不満でしょうか)の主」様。

昨今のB級グルメブームに乗っかれば、もっと繁盛しても良いような佇まい・味わいですが、あくまでも日常大盛りメシに徹する姿勢がザ・ドライブインです。
あんな場所にあるのに、刺身定食が絶品!らしいので、次回は是非そちらを賞味予定です。