今回の両毛酒+北関東めし

ありがたいことに、帰省時の邑楽亭冷蔵庫の中には、酒に合いそうな美味しい肴がたくさん(みょうがの酢の物・冷奴・キュウリのヌカ漬け・厚焼き玉子・中華クラゲ・ポテトサラダなどなど)あるので・・・

画像


・・・「むしろ酒は脇役、料理が主役」となるコチラの銘酒を。まさに飲み口すっきり。夏の昼間から、美味しい肴を前に、両毛地酒を冷たくして飲る・・・何もない。他には何もない。

画像


・・・その前に、早速北関東至宝コンビニに買出しに行って参りました。

画像


・・・あ、コチラでも≪セブンイレブン≫の後塵を拝しているのですね。あっちに比べると、やや麺が太くてゴワゴワ、しかも、黒味がち・・・あ、田舎蕎麦の趣きを再現したのね(多分)。

画像


・・・東京・大塚のおにぎりの名店がなぜか北関東コンビニを監修・・・相変わらずコチラのコンビニのタイアップのパターンが読めません。。。味はイマイチ。大塚のおにぎり屋のせいでは決してない。

画像


・・・コレは別の日に北関東至宝スーパー≪とりせん≫で買ったイモフライ。じゃがいもを蒸かしてパン粉を付けて揚げてソースをタップリ・・・というだけのイージーかつチープな一品なのですが、東京のスーパーではなかなかお目にかかれません。コイツはさすがにビールね。つか、明るい内から飲んでばっかり。

この記事へのコメント