特急待ち時間飲酒

会社都合による業務日程調整のため、金・土・日と奇跡的に3連休となったので、久々にゆっくり群馬・邑楽に帰省・・・

画像


・・・のようで、かつて二度ほど訪れたことのある北千住魔境の名店前。いや、まあ、意図的にふるさと特急≪りょうもう号≫の予定乗車時刻まで1時間半も前に北千住に来てしまったので・・・

画像


・・・出発前のひと時を軽く一献で埋めようという出張中のビジネスマン的所作なワケです。当たり前のように『サッポロ赤星ラガー』があるというのも、さすが名店。嬉しいね。大瓶は520円。

画像


・・・直ぐにも肴が欲しかったので、『マグロぬた』470円など。ワハハ。酒と肴一品でが揃うだけで、どうしてこうも心が和むのでしょうか。

画像


・・・あくまでも「マグロ」メインですが、実はネギが美味しい。かつ、添えられたワカメが実にまたいぶし銀の味わい。ホントは熱燗でしみじみ飲りたいところですが、ま、出張中もどきの感じですから。

画像


・・・そしてお待ちかね、メインの肴は当店自慢の『鶏軟骨つくね温泉卵』470円。どうですか、この堂々たる佇まい。もはや「肴」ではなく「料理」です。「つくね」ではなく「ハンバーグ」しょ。

画像


・・・半熟の黄身をドロリとブチまける至福の瞬間。もう、こりゃ、旨いに決まっているね。

画像


・・・ううむ。北千住名店だけに、いつになくゴージャスな風情。

画像


・・・でも、やっぱ魔境ではコイツも外せませんな。もつ焼きを『かしら』のタレで。2本250円。

画像


・・・いや、まあ、この光景を見たくてね。ザ・慰労。日々の労働こそが酒を美味しくする最高の肴というワケです。あ、休日ですがね。以上合計1710円。大宮のあの魔境名店オブ名店で飲むのと比べると、若干お高めですが、ココは北千住。荒川を越えるといろいろアレなのです。

画像


・・・異議のあろうはずもない。






この記事へのコメント