定点大定番時折(2015年11月29日)

毎月最低1回は池袋の≪Book-Off≫に行き、108円均一棚でライフワーク的に集めているシリーズが幾つかあるのですが、コチラのシリーズはその筆頭格。

画像


・・・もうほとんど最新作周辺に追いついているので、なかなか108円棚で遭遇することもないのですが、それでも、目を光らせてこまめに探すと、時折「おおっ、なんで?」なタイミングで見付けることもあります。これで30作近くになりますな、このシリーズを読むのも。こうなると、もう、『こち亀』とか『ゴルゴ13』とか『男はつらいよ』とか『釣りバカ日誌』の世界に通じるものがあります。最初は通りすがり的な脇役だったはずの雑魚キャラが、いつしか濃い色彩を放ち始め、しかも、主人公の周辺で「ファミリー」化していく・・・こうなると、何となく読み続けてしまいますね。安心して楽しめるし。息抜き・ヒマツブシ読書としては申し分ありません。で、相変わらず、このハードボイルドな男どもはコーヒーとドーナッツで昼メシを済ませてしまう。何となくカッコ良く思えてしまうから不思議。しかも、日本では今は亡き≪ダンキンドーナッツ≫なので、何となく憧憬でもある。

この記事へのコメント