今月の不気合1本

(再三繰り返していて、最早「愚痴」レベルですが・・・)業界的には「かきいれどき」なので、本来は忙しいはずの12月なのですが、業務の体系・評価その他諸々の事情により、半ば過ぎまで結構ヒマになっています。そう言えば、今年は夏期も7月前半がこんな感じだったな。ま、今年度は通常業務の日々が忙しかったので、トータルでの労働量はあまり変わらないのですが。会社の思惑(もしくは思惑がないこと自体)や他の人の待遇とか、気にし出したらいろいろ悔しくなることもありますが、この際、仕事を頂けているだけでも有難い・・・などと謙虚または卑屈になってみますか。

画像


・・・で、働きが足りないので、晩酌の酒のレベルも下げる。地酒とか吟醸とか純米とか、そういうのではなく、もう単なる『月桂冠 月』2リットル紙パックで1096円+税だ。それでも、糖類や酸味料は入っておらず、熱燗にしたら全然気にならない気にならない。ヒマだから、毎日昼飯も晩飯も家で食えるしな。晩酌もゆっくり楽しめる。気にしない気にしない。怒りは静かに深く。

画像


・・・よって、「金町大土鍋おでん」も早くも今期2回目。今回は近所のスーパーで≪カネテツ≫の変わり種物が100円均一で売られていたので、練り物系メインで。でも、やっぱ、動物系の脂なしのおでんは、晩飯メインとしての充足感を得られませんな。普通の感想。

この記事へのコメント