Sガストおかず王道

今週も≪Sガスト≫金町駅前店でシーズン限定の牡蠣のヤツらを食うことにする。 ・・・で、前回食った『カキフライ定食』がイマイチ貧相でガッツリ感がなかったので・・・ ・・・今回は当店のオカズ王者「若鶏南蛮」を合わせた王道定食で。前回来店時にご飯大盛り無料券も貰ってあるしなっ。満を持して発動。既にごま塩大量散布済み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四谷のイカ

たまに突然食べたくなるモノの一つ。今日のそれは「イカの天ぷら」です。カラッと揚げ立て、しかも、中身はふんわり柔らかい・・・そんな本物のイカ天を食べたくなったら・・・ ・・・あ、いつもと同じ四谷≪政吉≫へ行けばいいのね。『イカ天つけそば』450円+王者『五目稲荷』80円でして。やっぱ、米を腹に収めないと夜までもたないからね。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今週の気合一本5

「賀茂」なので、てっきり京都の酒かと思ったら、日本屈指の酒どころ・広島の地酒。あ、そう言えば、京都は「鴨川」でしたな。近所のご愛用ディスカウント怪ストアで購入。純米の地酒なのに810円。怪だ。 ・・・でも、普通の純米な味わいでした。比較的ガッツリめの晩飯を食う前に、ほんの半合ほどの純米酒を常温でチビリチビリ。イイですな。そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

定点新老後備蓄積ん読(2015年10月26日)

その「ズブズブ」の第一歩を、ついに踏み出してしまいました。 ・・・やはり、長く続く人気シリーズにはちゃんとした「理由」というものがあるのです。直前に読んだ『かま・・・』と比較したら申し訳ないのですが、「江戸情緒」は勿論、「人情レベル」が段違いの別格の異次元。これまで読み親しんだ池波大先生の世界に極めて近いと感じるワケです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大人の遠足

池袋現場の業務仲間のある御仁が、板橋区在住なのに、なぜか「葛飾・金町に良いフレンチのお店があるのですよ」と仰り、「フレンチでランチのお食事会をやりませう」とご提案。もちろんお断りする理由もなく、ありがたく便乗。 ・・・金町在住のワタシともう一人の業務仲間かつご近所さんのお方で、4名のゲスト様を我らが金町に迎え、総勢6名で≪…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

金町の海の幸

行き掛けにコイツを目にしていたので・・・ ・・・当然帰りに食らってヤリましたぜ。季節到来。 ・・・しかも、今年は牡蠣ものを存分に堪能できる定食も登場。当然食らってヤリましたぜ。『カキフライ定食』は620円。若干胃腸消化器系が低調なので、ご飯大盛りは自粛。 ・・・≪やよい軒≫の890円の巨大カキフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今週の四谷蕎麦王道

①水曜日の四谷≪政吉≫の光景 ・・・「水曜日はカレー」が定着しつつあります。『豚カレーつけそば』520円。ホントにもうお別れまでカウントダウンです。この後の冬の『豚カレー南蛮』も楽しみですけど。 ②金曜日の四谷≪政吉≫の光景 ・・・当然の王道黄金セット。正確には『たぬきそば』360円+『五目稲荷』150…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松屋支援

「米」の次は「牛」がザワついている「松」です。 ・・・ただでさえ、最近めっきり美味しくなった松の牛ですが、それが何と50円引きとは・・・そりゃ、食うでしょ、当然。 ・・・肉の薄い感じが実にイイ。安い肉は薄ければ薄いほど美味い。それでいて、柔らかジューシー。タレつゆを吸いこんで、メシにベストマッチ。あの(個人的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今週の気合一本4

何もかもが美味しそうな北陸は石川県金沢市の地酒を・・・ ・・・近所の≪セブンイレブン≫で購入。4合瓶972円(税込)は全然日常晩酌価格内ね。コンビニでも地酒を買える素晴らしい時代。これまでに新潟⇒秋田⇒京都⇒石川とはるばる経巡ってきました。自宅でね。純米酒は常温でもさらりと飲めるので、最近は専らこればかりです。もうじきお燗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

定点新時代モノ観測(2015年10月18日)

≪Book-Off≫の108円均一コーナーでの『陰陽師』&『しゃばけ』シリーズの収集がしばらく滞っているので、別シリーズへも触手を・・・ ・・・ついに、この人の時代小説にも手を出す次第です。あっという間に読了。確かに面白い。ただ、池波大先生とは比べるべくもないのですが、あまり「江戸感」はないようで。でも、推理小説家・ミステ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富士台湾セット

土曜日の池袋業務。久しぶりに午前の業務が昼飯休憩に食い込み、そうなると、もう≪富士そば≫でパパっと終わらせるしかないので、そうなると、今週もまた『富士ラーメン』か・・・ ・・・いや、今日はコイツだ。台湾の文字よりも、ご飯の上に載った肉よりも、何よりも「うずら卵」に惹かれたのでした。 ・・・で、こんな感じですか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四谷で蕎麦以外そば

金曜日の四谷業務。昼飯はいつものようにいつものごとく≪政吉≫へ・・・ ・・・おや? 立ち食いそば名店の≪政吉≫さんですが、ついに「うどん」も新たに始めた・・・ワケではありません。たまには目先を変えようと思い、同じ四谷にある沖縄居酒屋≪ふらり≫のランチメニューの『沖縄そば+ミニスパム丼セット』570円でした。毎週毎週≪政吉≫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さらば夏の福麺

木曜日の池袋業務。午前の部が上手く切り上がったので、珍しく木曜日から≪福しん≫へ遠征。先週(改装休業により)食いそびれた『つけめん』を・・・あ、営業再開と同時にシーズン終了でメニューから消えてしまったのですね。来年のシーズンまで食いそびれたままとなってしまいました。 ・・・已む無く『焼豚チャーハン』450円+『おともラーメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どうしても嗅覚に負ける話

水曜日の四谷業務合間の≪政吉≫で、前回は視覚が嗅覚に負けましたが・・・ ・・・今日こそはコイツを・・・と思いきや、食券売り場の直ぐ脇のカウンターで若いサラリーマンが食っているアレの匂いに負けて・・・ ・・・アレを頼んでしまいました。ま、もうじきシーズンが終了してしまうだろう『豚カレーつけそば』520円の栄光。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今週の気合一本3

日本屈指の酒どころ・京都伏見の銘酒・・・ ・・・を、≪イトーヨーカドー≫にて。西へ東へ北へ南へ、自宅に居ながらにして地酒紀行を楽しめるワケです。最近ワリと労働に励んでいるので、ちょっと贅沢に純米「吟醸」など。でも、4合瓶1068円(税込)の十分に日常晩酌価格の範囲。お味の方も・・・スイマセン、ワタシ、酒の味は良く分からない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

定点冷たくも温かい思い出(2015年10月11日)

『懐かしの街さんぽ 茨城』で空間的夢想現実逃避の次は、コチラで時間的懐古現実逃避を。 ・・・まだ世の中全体があまり裕福でなかった(多分ウチだけじゃないはず)昭和は50年代の頃、一般家庭で気軽に楽しめるデザート的な贅沢はアイスクリームを置いて他にはないでしょうな。もれなくあまり裕福でなかった我が家でも、晩飯の後、亡き父の「お…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

流れて米騒動の豚茄子

土曜日の夜は、基本的にどんなに遅くなっても、金町亭に帰投して缶詰ORコンビニ惣菜+冷奴くらいの組み合わせで軽く晩酌⇒1週間を慰労という流れなのですが、今夜は急なプチプチ突貫業務を2時間ほど予定しているので(もう、心身ヘトヘトでべとべとだ)、早目に晩飯を終えるべく・・・ ・・・コイツを。金町駅前店にて。松屋の「米騒動」も続い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

流れて秋天そば

土曜日の池袋の昼は≪福しん≫へスライディング・・・のはずなのですが、入居ビル改装中で、臨時休業。こんな事があっていいのか・・・ ・・・よって、その道すがらに発見していたコイツを食うことにしますか。 ・・・もちろんプラス60円で蕎麦を大盛りどころかダブル化=490円でも大満足。秋の天ぷら軍団が退去して押し寄せて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

時々食いたい不思議

金曜日の午後10時過ぎは四谷の≪日高屋≫に大抵います。御用の方はコチラまで。 ・・・本日は『生ビール(中)』310円と『おつまみ唐揚げ』290円=600円の慰労セット。もはや何の違和感もない自然な光景です。 ・・・いやあ、いつ食っても美味いな、≪日高≫のコイツは。揚がり具合といい、ジューシー感といい、文句なし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高いハードル

もはや当たり前の週2で四谷≪政吉≫へ。 ・・・風は完全に秋の様相ですな。そうなると、温かい蕎麦が一層美味しくなってくるワケです。ので、王道の『たぬきそば』360円+『五目稲荷寿司』150円の問答無用黄金セットは510円。 ・・・まさに「黄金色」・・・いや、黄土色か。でも、美味いぞ、コレは。立ち食いそば屋最強の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more