テーマ:東京ミステリーゾーン

通勤電車の窓から見える気になる物件シリーズ

この物件を確かめることも、池袋から大塚まで歩いた理由の一つでした。 ・・・電車が大塚駅を出て直ぐに目に入るヤケに薄いビル。ううむ、近くで見ると、ますます薄い。薄過ぎる。そして、細過ぎる。大都会・池袋のほんの1つ隣の駅の近くなのに、ワンフロアに一部屋って・・・あまりにも効率が悪いでしょ、コレは。1階はタバコ屋店舗で、2階以降…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夜の謎の踏切

何の変哲もない夜のJRの踏切。 ・・・その前に佇み、電車が通過するのを待つ。 ・・・ごくごく普通に通勤客で満員になった電車が通過するだけ・・・ん? 何か違和感があります。この電車はいつも目にしている電車のはずなのですが、踏切越しに見ることは・・・ ・・・確認すべく、逆側に渡って再度電車の通過を待…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こんな時にスカイツリーか

朝7時半に「一宿一飯の恩義」の地を後にし、熊谷への帰投行動を開始。こんなに朝早い時間から動き出すことは極めて稀であり、かつ、天気も良く、これならきっと今日は良いことが・・・の思いをあっという間に覆す池袋駅構内の恐慌的大混雑。特にJRは酷い。酷過ぎる。ので、比較的空いている(と言っても普通に大満員)地下鉄の方に退避。東京メトロ丸の…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

山手線最後の秘境

*「用事がなければ絶対に行かない山手線の駅」に関しては、皆さんそれぞれに一家言をお持ちかと思いますが、ワタシ的には≪大崎駅≫が最後に残りました。山手線の列車の中には時折「大崎止まり」の運行のモノもあるので、意外と馴染み深い駅名なんですけどね。で、さすがにそろそろ「最後の夏休み(仮。えっ、仮?)」なので、ここらで行っておくことにしましょう…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

奥の板橋

*板橋区・高島平にある≪板橋区ホタル飼育施設≫という所にホタルの乱舞を観に行きました。わずか10分ほどの見学時間でしたが、実に全く幻想的光景でした。が、わずか10分間を楽しむためだけに高島平まで・・・というのは、あまりにもCPが悪過ぎますな。ので、前回風変わりな焼きそばを食べに高島平方面を訪れた際に、何とも言えない不思議な懐かしさという…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旧岩槻街道・川⇒赤

*というワケで、ホントに徒歩で川口から赤羽に突入しました。しかも、底の薄いサンダルで。昔の旅人かっ。せっかくなので、スナップを少々。 ①まずは、川口宿の佇まい。残存物件はほぼ皆無ですが、何となく、いかにも旧街道っぽい怪しい雰囲気です。 (↓何だか時間が止まっておりますなぁ・・・) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

渋谷魔境前後

<前> *大学入学のために初状況した際、≪東急東横線≫沿線に住んでいたのですが、ついに一度も降り立つことがなかった駅がコチラ。 ・・・・・・ま、こういう街とは無縁な学生生活・・・どころか、その後も全く無縁な生活が継続しているワケです。が、降りるくらいなら別に誰でも出来るのですから、降りてやろうぢゃないか。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佃・月アイランド(その1・月)

*恐ろしく天気の良い日ですな。しかも、火曜日なのに目黒・碑文谷業務は臨時休業。この機会を利用しなければ、何だかとっても損した気分に・・・というよくある貧乏根性に急きたてられるまま、出掛けることにしました。こういうのって、「豊かな人生」とは正反対の行動パターンなんでしょうな。ヒマであるのは結構なんですけど。しかも、元々出掛ける予定がなかっ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

佃・月アイランド(その2・佃)

*隅田川&界隈のもろもろを堪能しつつボンヤリ歩き続けると、いつの間にか佃島に到着。相変わらず、タイム・ストッピングな異空間ですな、ココは。 (↓水門) (↓住吉神社) ・・・・・・いや、異常に狭い路地がひしめく街並の佇まいというか空気自体は、我が葛飾区や足立区ではさほど珍…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

目白の切手

*昨年秋頃、「山手線の意外な陥穽」などとご大層に題して、JR山手線で降り立ったことのない2つの駅=大崎駅と大塚駅の内、とりあえず大塚駅に行ってみよう・・・という無意味極まりない企てを実行し、残るはホントに無意味な大崎駅だけ・・・と思っていたのですが、よくよく思い直してみるに、池袋と高田馬場の間にある目白駅も怪しいことが判明しました。いや…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

恐れ雑司が谷の鬼子母神

*何となくイマイチ感タップリの未知の街・目白でしたが、これだけで散策は終わりというワケではありません。ちょっと足を伸ばせば、≪雑司が谷≫&≪護国寺≫という下町散策の大定番スポットがありますので、ちょっと寄り道していくとしましょう。とは言え、このゾーンだけでも半日コースなので、夕方過ぎのこの時間帯からは1スポットに限定ですな。で、本日は東…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ザ・昭和団地in高島平

*その≪板橋区立美術館≫の直ぐ近くには、意外と知られていませんが、意外と本格的なデカさの≪東京大仏≫がおわします。が、しばらく前に参拝済みなので、今回はコチラはスルー、そのまま高島平方面に戻ってきてしまいました。おやおや? 未だ十分に日も高く、ブラブラする時間もたっぷりあるというのに、この辺に特段名所的観光スポットがあるとでも? ありま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戸越元祖銀座

*しばらく関東近郊にプチ遠征する無意味彷徨が続いており、ここ最近、都内の散策は小休止となっておりました。すっかり春めいて来て、家に居るのがモッタイナイお化け状態な今日この頃。本日もお日柄よろしく、出掛けることにした次第です。で、久々に東京・城南地区を無意味にブラつこうと思い、まずは≪戸越銀座≫などに。説明不要・東京都内随一の長距離商店街…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

力道山の墓

*「元祖・銀座」な商店街を十二分に堪能後、今度は≪東急池上線≫に乗り、池上という所に移動。直ちに本日の無意味城南紀行のもう1つの目的地である≪池上本門寺≫へ向かう。10分弱で入口門に到着。 ・・・・・・おおっ、こりゃまた急な石階段ですな。何でもかの加藤清正公の寄進だとか。上りますとも、そりゃ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青梅これでいいのだ会館

*その≪青梅市 梅の公園≫は120品種・1500本の梅軍団なのですが、≪吉野梅郷≫全体では2万5000本ですって。こりゃ、1日がかりだな。が、1500本でもう十分満腹です。ので、午後3時前には青梅市街に帰還。で、今日のもう1つのメイン目的へ。今更ながら、あの昭和の偉大な漫画家・赤塚不二夫の記念館≪青梅赤塚不二夫会館≫を堪能しようというワ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

東京・基地の街

*別に村上龍や山田詠美の小説にカブれたワケではないのですが、前々から東京の福生というところに行ってみたいと思っていました。在日米軍≪横田空軍基地≫のお膝元、つまり「基地の街」ですね。普通の日常生活の隣にちょっとした異空間が同居・・・手垢に塗れた表現ですが、そういう微妙な感じのスポットがとても気になるワケです。いろいろ調べてみると、その≪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もっともアメリカに近い街

*おっと、もう1つのアメリカン・ポイント≪国道16号線≫を忘れておりました。こっちの方は、アメリカン様式の大味で豪快な造りの飲食店・雑貨屋・洋服屋・家具屋などが軒をつらね、確かにここでしか見られない光景ではあるのですが・・・ ・・・・・・あの沖…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シリーズ・東京ド真ん中の陥穽1

*ここしばらく奥多摩・秩父・古河などと「遠征彷徨」が続いていたので、久々に足元を見直すべく、気分も新たに「東京ご近所彷徨」など。しかも、日本橋界隈というベタ中のベタ街歩き。かつて5年ほど東京八重洲・日本橋周辺に勤務していたにもかかわらず、実はこの界隈、すなわち「日本橋○○町」と名の付く一帯については、ほとんど未知だったりします。今更なが…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

東京さいはて村紀行1・払沢の滝&紅葉残滓

*檜原村という村をご存知でしょうか。より詳細な行政管区で言うと、東京都西多摩郡檜原村・・・なんとっ、東京都本土(島嶼部を除く)にも「村」があったのですっ。しかも、奥多摩のさらに奥、山梨県との都県境という素晴らしいロケーション。どこであれ「さいはて」を愛するワタシとしては大いに気になっておりました。で、一体どんな所なのだろうと妄想を膨らま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京さいはて村紀行2・数馬集落

*ひとしきり滝堪能の後、バス停に戻り、再び数馬を目指すバスに。下校時刻なのか、近くにあった小・中学校の生徒が数人乗り込んできました。ああ、そうか。こうして路線バスに乗らなければ小学校や中学校に通学できないほど山深い集落が東京にもあるのだなあ・・・と改めて実感。しかも、結構な時間、一緒に乗っていました。ますます山深くなっていく中、沿道にコ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京さいはて村紀行0・五日市まで&檜原村中心部

①檜原村紀行の「ベースキャンプ」となるのが五日市。ワタシが愛してやまないJR五日市線の終着駅があります。 ・・・・・・まずは、西武新宿線・高田馬場駅から西武拝島線直通の≪拝島快速≫なる謎めいた(全然謎ではない)列車に乗り込み、40分弱で終点・拝島駅に。 ・・・・・・あれれ? 都心から拝島って、えらく近…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

錦糸得物

(1)フィリピン編: JR錦糸町駅の北口方面に≪やおしょー アジア店≫なる謎めいたスーパーマーケットがあります。どっちかと言うと昔の「乾物屋」の風情でしょうかね。 ・・・・・・いや、不可思議なのは「アジア店」と言い張っているところ。別にフザケているのではありません。その名の通り、狭い店内には中国・台湾・韓国・東南アジアの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

錦糸町残照

*先日「山手線の駅で意外にも降り立ったことのない駅」ということで、意味もなく大塚駅の界隈を散策したのですが、我が葛飾区の直ぐ近く、総武線・城東方面にも未踏査の意外な街がありました。こちら錦糸町。 ・・・・・・紛れもなく東京・城東地区随一の巨大ステーションで、≪JRA≫の場外馬券売場ビル≪WINS≫が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

錦糸町メシ

*街としての味わいはイマイチ・・・とか言っちゃいましたが、こちら錦糸町にも気になるメシ屋が多数ありまして。そういう意味では、再訪もないではない。 (↓いきなり気になる「塩うどん」の文字。一体どんな・・・?) (↓駅立食い蕎麦屋ですが、気になるメニューが・・・) (↓鉄道ネタに食いつくワケ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再会の街・亀戸

*亀戸餃子後、腹ごなしも兼ねて、亀戸の街並散策。青砥邸在住時代はチャリンコ激走で何度か訪れたことがあるのですが、駅界隈の飲食系路地・横丁、日常生活商店街、大通り繁華街などなど、相変わらず味わい深い限り。 (↓どう考えてもモンゴル料理の店でしょ) (↓「名物」とか「元祖」には極めて弱いワケ) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東武亀戸線から業平橋漂流

*亀戸から金町に帰る手法は様々あるのですが、迷わず向った先は亀戸駅の東武亀戸線の乗り場。やはり帰りは大好きな東武鉄道、しかも、東武亀戸線なんていう滅多に乗る機会のない路線ですしね。 ・・・・・・まさに「都会のローカル線」若しくは「城東電車」の風情を色濃く漂わせる4両編成の電車に10分ほどガタゴト揺ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東村山無骨うどん三顧≪とき≫

*我が埼玉西武ライオンズ、最終戦を待たずに見事クライマックス・シリーズ第2ステージを制したのですが、お陰でその最終戦の前売チケットが無駄になってしまいました。払戻し1500円を得るために片道730円×2=往復1460円かけて西武球場までわざわざ行くか? 差引手取収入は40円だぞ。行きます。いや、別に40円のためではありません。途中で東村…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水と崖と寺の街・国分寺

*いや、まあ、「出掛ける動機は最低2つ」ですので、東村山の『武蔵野うどん』だけではありません。≪西武ドーム≫のチケット売場で1500円の払い戻しを受けた後、≪西武山口線≫のオモチャのような電車に乗り、西武遊園地前駅へ。そこから≪西武多摩湖線≫に乗り継ぎ、国分寺まで。日々無意味彷徨を繰り返しておりますが、こちら多摩方面は比較的手薄なので、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西武池袋スナック

*こちらは厳密に言うと「スタジアムB級グルメ」ではないのですが、≪西武ドーム≫でのナイターから池袋に帰ってくると、西武池袋駅構内に突如出現する異空間、それがコチラ≪SNACK INN≫です。 ・・・・・・ま、要するに駅ナカの立食いスタンドなのですが、うどん・そば・ラーメン・焼きそば・丼もの・カレーなどなど、実に豊富なメニュ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山手線の陥穽・大塚

*これだけ日々無意味にブラブラ彷徨を繰り返していると、さすがにJR山手線くらいは、全ての駅に降り立ったことになるのでは? などとふと思い、東京近郊路線図を吟味したところ、残念ながら未踏査の駅が2つありました。大崎駅と大塚駅。特に大塚駅! ここ最近≪西武池袋線≫を頻繁に利用するので、その起点の池袋に出る際、しょっちゅう大塚も通り過ぎるので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more