テーマ:東京近郊日帰りの旅

横浜・根岸の崖に挫折

*以前≪葛飾図書館≫で借りて読んだ『東京サイハテ観光』なる素晴らしく無意味な本の中に、横浜・根岸の「崖のある街の光景」を紹介した章があり、古い団地だかマンションだかの直ぐ背後OR入り口のド真ん前にまで凄まじい絶壁が迫り、コンクリート補強か何かで強引に崖崩れを防いでいる・・・という恐るべき写真を見て、度肝を抜かれたことがあります。以来ずっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サギの楽園

*以前読んだ『東京サイハテ観光』(『散歩の達人』連載)なる素晴らし過ぎる書物の中に「埼玉県吉川市に凄まじい「鷺(さぎ)のコロニー」があり、スゴイことになっちょる!」という記事があり、「こりゃ、是非とも行かねば!!」と思っていたのですが、ワタシにしては早い段階で実現しました。つまり、今日行ってきました。いや、インターネットでいろいろ調べて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボート聖地

*目覚めたら、空にはちょっとした晴れ間が出現していました。梅雨の合間の貴重な青空。この機を逃すワケにはいくまい。慌てて外出決定。勿論予定なんかありゃしませんが、こういう突然の思い付きで出掛ける際は、公営ギャンブル場ドサ巡りがお手頃・お手軽でして。早速インターネットで各種開催日程を検索したところ、近い所では≪戸田競艇≫で熱い戦いが繰り広げ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

耳をすます丘

*『耳をすませば』というアニメ映画が大好きで、ビデオにダビングしたものを何回も繰り返し鑑賞したりしています。いまだになっ。つか、つい最近も、夜更けに急にやる事がなくなったので(じゃ、寝ろよ)、久々に観ちゃいました。いやあ、いつ観てもイイなあ、このアニメーション。何回観ても、全然飽きません。毎回新鮮な感動と発見。何より素晴らしいのは、この…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ディープ横浜150周年裏紀行1

*「開港150周年」で盛り上がっている(かどうかよく分かりません)横浜にチョロりと行ってみました。 ・・・・・・「無意味彷徨」目線では基本的に無視しがちな神奈川方面なのですが、ま、たまにはイイでしょ。と言っても、「オシャレな街・横浜」と言う時の横浜ではなく、あくまでも末枯れ感漂いまくるディープな方の横浜ですよ、当然。ちょう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ディープ横浜150周年裏紀行2

*その≪伊勢佐木町モール≫がJR京浜東北線にぶつかる辺りで左折し、ディープ横浜の母なる川≪大岡川≫方面に。この辺りの川沿いに本日の第二目的地である≪都橋商店街≫なる飲食店街が・・・あ、コレか。いやあ、コレは・・・・・・ ・・・・・・ド肝を抜かれるディープ度・末枯れ具合です。説明不能。まさに最長不倒のディープ度です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

舟の金を馬に注ぐ

*「賭博で得た金は結局賭博に返って行く」という格言、否、むしろ不変の真理があります。だったら逆に、積極的にこっちから返しに行ってやろうぢゃないか。というワケで、南浦和にある≪浦和競馬場≫に行って参りました。今週は目黒・碑文谷業務も休みになったしな。薄暮開催なので、ゆっくり目の午後3時過ぎに現地到着。 ・・・・・・JR武蔵野…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHK朝の連続テレビ小説の街へ

*NHKの『朝の連続テレビ小説』を毎朝欠かさず・・・という習慣はないのですが、今回の『つばさ』というドラマ、埼玉県川越市が舞台になっているそうで。NHKのもう1つの看板ドラマである大河ドラマ『天地人』については、先般の富山・長岡紀行の際に何となく「大河ドラマ景気」的な空気を味わったので、今度は「朝の連続テレビ小説景気」で沸き立っているは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川越名所的スナップ

①まずは、川越の一大名所≪喜多院≫。 ・・・・・・別名『川越大師』とも呼ばれ、思った以上にド立派な本殿でした。 (↓宝塔もご立派) (↓こんな愉快な橋も・・・) *さらに、こちら≪喜多院≫、「徳川家光公誕生の間」とか「春日局化粧の間」などが江戸城から移築されていたり、「五百…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more