テーマ:ラーメン以外麺道

四谷うどん

水曜日の四谷業務ですが、「蕎麦」ではなく、珍しく「うどん」です。 ・・・うどんマニアの方ならご存知かと思いますが、おそらく「冷たい」と思われるうどん&「熱い」と思われ豚肉とネギのつけ汁のこの組み合わせは、そうです。アレです。 ・・・『武蔵野うどん』というヤツです。この春先にはいろいろ小さくクヨクヨした四谷業務…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まだあるご当地謎蕎麦

東武日光線・新鹿沼駅に降り立ち、歩き始めて直ぐ、謎めいた看板に遭遇。 ・・・にらそば? そうです。ここ鹿沼地域一帯にのみ存在する不思議な食習慣でして。ううむ、まだまだあるのですね、未知なるご当地謎蕎麦。日本は広い。栃木だけだって、全然広い。 ・・・というワケで、コレを食すのも今回のメイン目的の1つだったのです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生誕の600グラム

朝から夜までの池袋業務の昼飯時、恐ろしく暑いので、久しぶりに≪富士そば≫で冷たいもり蕎麦とミニカレーのセットでも・・・ ・・・と思いきや、その≪富士そば≫のすぐ隣にあって、前々から大いに気になっていた怪しい地下空間へ、誘い込まれるがごとく・・・ ・・・あ、こういう店名だったのね。つまり、財布の中に池袋業務現場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最果てのじゃがいも麺

まだまだ続く「両毛麺巡り・2014GW」の第三弾(急遽延長戦)は『足利ポテト入り焼きそば』をお持ち帰りにて。あ、昨日の話ね。まだGWリズムが抜けないワケ。 ・・・やはり「焼きそば」は、こういう普通の家の一角でオバちゃんが作ったヤツを持ち帰りで食べる・・・というスタイルもしみじみオツですな。≪きくち≫さんというお店です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

群馬太田黒麺

なんでしょうか、このドス黒い不吉な麺は・・・ ・・・群馬・太田にだってイカ墨のパスタくらいありますが、コレはソレではありません。 ・・・焼きそば? ・・・そうです。我が群馬県太田市は「日本三大焼きそばの町」なのです。その中でも抜群の知名度を誇る有名店≪岩崎屋≫さん。焼きそば専門店なのに、この立派…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さらば狭山の博多うどん

狭山市でうどんと言えば、『武蔵野うどん』圏内かと思ったのですが、なぜか街道沿いに屹立する『博多うどん』の看板。「顎がはずれる恐怖のゴワゴワがっつりコシうどん&真っ黒濃い目の関東つけ汁」とは対極をなす「コシって何?的柔らかうどん&西日本風やさしい薄味出汁」のアレです。 ・・・知る人ぞ知る西日本うどんチェーンの雄≪ウエ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大宮武蔵うどん大盛化

早くも新しい1週間が始まってしまいました。唯一の完全休日である日曜日はほとんで家事とダラリ休息で終わってしまうので、月曜日が来てしまうのが早いです。早過ぎです。呆然としてしまいます。しかも、普段は半夜型労働者なので、朝9時には大宮の業務現場にいなければならない月曜日はシンドくてシンドくて・・・。せめては昼飯に旨い武蔵野系うどんでも食いま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大宮武蔵うどん

GWも完全終結し、平常スケジュールに完全復帰しました。というワケで、朝から大宮業務。月曜日限定の午前7時起床にはいっこうに慣れません(一生慣れないでしょうな)が、業務そのものはようやく落ち着いてきました。ので、そろそろ大宮昼飯開拓なども。で、とりあえず、前々(昨年夏)から気になっていた大宮業務現場近くのコチラへ。 ・・・大…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

両毛の街の蕎麦屋さん

立食い蕎麦屋をこよなく愛する気持ちに変わりはないのですが、たまには気合の入った自家製の美味しい蕎麦を提供する、でも、それほど敷居の高くない、いわゆる「街の普通の蕎麦屋さん」に行ってみるのもよろしかろうと思いまして。しかも、関東、否、東日本有数の麺どころである両毛地区に居るワケですしね。で、コチラへ。 ・・・群馬・大泉町の国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

池袋讃岐麺巡り・完結編

ついに真夏の池袋業務の最終日。さすがに遅れてやって来た夏バテのせいか、いや、おそらく昨夜単に食い過ぎたせいか、朝から胃腸の具合がよろしくありません。ので、昼は無難にうどんでも・・・ ・・・あ、このメジャー店をすっかり忘れておりました。 (↓『かけうどん』(小)=うどん1玉なら、最安値の105円ですが、さすがに2玉の(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

池袋讃岐麺巡り2

本日も池袋業務。そして、昼飯の時間も残りわずか。そうなると・・・ね。 (↓『冷やしかけうどん』は280円) (↓四国うどん独特の天ぷらメニュー『とり天』100円&『たまご天』100円をプラス) (↓ちょっと豪華なセットに。でも、480円だから、ワンコイン以下) (↓半熟があれば、生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

池袋讃岐麺巡り1

4日ぶりに池袋業務が再開。気合を入れて昼飯探索・・・が、昼飯時間は1時間弱ほどしかなく、かつ、巨大な≪ヤマダ電機≫でノートパソコン(新調するか? どうする?)なんかをひやかしていたら、あっという間に残り時間は30分。となると、↓こういうところで、お手軽に。 (↓『釜玉うどん』は330円。かつては家で冷凍うどんを使って週に2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一帰省一太田焼きそば

土曜日につき熊谷通常業務の日ですが、未だ邑楽亭におります。ので、老母の軽自動車を借りて、昼過ぎに熊谷へ。いわゆる普通の「通勤」です。その途上、≪国道354号≫沿いのコチラで昼飯を購入。 ・・・久々に『太田焼きそば』など。しばらく前に「一帰省一太田焼きそば」を標榜したものの、その後もう全然怠慢。心を入れ替えましょう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一家集結車蕎麦

予定通り、邑楽亭到着後ほどなく昼飯外食へ。老父・老母に姉・ワタシの4人・・・で老父の運転する車に乗って出掛けるなんて、よくよく考えたら初めてのことぢゃないですか。嬉しい驚きです。いろいろ沁みますな。で、出掛けた先は・・・ ・・・朝飯で食ったヤツと同じ種類ですな。しかも、さっき食ったばかりですけど。イイんです。家族4人で昼飯…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

武蔵野どころか熊谷うどん

*昼飯はそのB級グルメ小天国・熊谷にて。とにかく選択肢満載なので、何をチョイスしようか悩みつつ、いつもの通り駅コンコースを歩いていると、≪熊谷うどん 熊たまや≫なる新規店に遭遇。 ・・・・・・しばらく熊谷に来ない間に、忽然とこんなお店が出現しておりました。つか、何年か前に始まった試行錯誤町興し策の『熊谷うどん』ですが、未だ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

停戦合意違反な加須うどん

*先週から所定の治療休止期間に入った老父の様子を伺うため、G馬O楽に帰省。さて、今回の帰省途中寄り道は・・・生憎のドシャどしゃ降りの雨ですな。しかも、もろもろ家事を済ませてから離京したので、早くも夕刻。でも、これはこれでせっかくの機会なので、もはや完全に毎度お馴染みの加須にて途中下車。また『加須うどん』か? イエス。前回見事にリベンジを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

T木A利麺≪いけもり≫

*佐野ラーメン・桐生うどん・太田焼きそば・館林うどんなどなど、まさに錚々たる顔ぶれが揃う麺パラダイス・両毛地区ですが、同地区内にあるもう1つの「市」であり、我が少年&青春時代を過ごしたT木A利はどうなっとるのだ、一体っ。一応「A利は蕎麦」ということになっているようで。が、が、どうもイマイチ地味でマイナー至極ですな。ごく一部の蕎麦通人を除…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

加須休戦前の≪中央食堂≫

*春日部の次は当然に加須を目指す。もう何度も申し上げていますが、この加須の地で、企図した『加須うどん』を食い損なってから、全ての歯車が狂い始めたような気がします。何とか早急に落とし前を付けなければならんワケね。で、午後6時前に加須駅到着。さすがにこの時間なら、夜の部の「売切れ御免」はないでしょう。すかさず≪中央食堂≫なる、いきなり「確信…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

黄門そばアゲイン&リベンジ

*とりあえず午後1時半前の水戸で昼飯ね。北関東随一の豊富な駅弁ラインナップを誇る水戸駅につき、何か美味しそうな駅弁でも・・・と思いきや、さすがに何度も経由している駅なので、あまり目を惹く真新しいブツもありませんね。ので、水戸の街に。ここ2回連続で空振りに終わっているその名も≪黄門そば≫さんへ赴き、知られざる微妙に謎な水戸名物『つけけんち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

病院うどん

*本日は昼過ぎに老母と共に病院へ。途中で老母がコンビニで弁当を買って行ったので、たまには夫婦水要らずで昼飯というのもよかろうと思い、ワタシは病院内の食堂、いや、レストラン、いやいや、「ロハスダイニング」へ姿を消す。前回は、突然北関東に出現した『山形花笠名物 冷やし肉蕎麦』に大いに衝撃を受けたのですが、今回も少なからず衝撃の『桑の葉うどん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

G馬O田焼きそば採取開始

*これだけ毎日G馬O田の病院に通っているのに、よく考えたら、「日本三大焼きそばの街」G馬O田の名物『O田焼きそば』を未だ一度も食らっておりませんがな。やはり、さすがにここ数日、動揺がかなり激しかったようです。で、今日も老父と一緒に晩飯を食らうべく、途中でO田焼きそばをテイクアウトで買っていく。立ち寄ったのは≪コーヒー&焼きそばハウス 欅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

病院蕎麦

*担当医から父の病状説明と今後の治療方針の説明があるということで、母と共に病院へ。こんな時でも、ちょうど昼飯時。そして、こんな時でも、せっかくなので、病院内の食堂へ行ってみる。いや、「食堂」というより「レストラン」と言って良いくらい小洒落た感じですね。題して「ロハスダイニング」ですし。メニューも病院内食堂とは思えない豊富さ、かつ、こだわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

加須その他との長い長い闘い

*歓喜の情熱サンバを思う存分堪能後、≪東武浅草駅≫へ。興奮と感動の余韻を楽しみつつ、大好きな≪東武鉄道≫でのんびり金町亭に帰投・・・のようで、午後6時10分発ふるさと特急≪りょうもう号≫に乗り込む。 ・・・・・・あれれ? 先週帰省したばかりなのに、再びG馬O楽に? いや、まあ別に、毎週ホームシックに陥るようになったというワ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

麺の熊

*突然の復活プチ突貫業務により、予習不足のまま延期⇒自動的に滞在期間も短縮となったので、今回帰省での両毛探索はノープランにて。しかし、いきなりの快晴。よって、単なる急な思い付きに基づき(それはいつものことだ)、手軽にドライブも兼ねて、利根川を渡河、遠い昔に無意味に暗い気分で通勤バスを行ったり来たりした埼玉県熊谷市の旧・妻沼町あたりへ。実…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

焼きそばの方もね(富士宮2)

*「富士宮焼きそばの方は以前に一度当地で賞味済み・・・」なんて余裕ぶっこきましたが、実は前回も≪お宮横丁≫なる観光フード・コートみたいな一角でチョロリと食べただけで、上記≪かわにし≫さんのような「ホンモノ」の土着店で食べたのワケではありません。通ぶったことを言って、実にスイマセン。ので、少々街並散策&≪富士宮神社≫参拝などで無理矢理を腹…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

忠治蕎麦の≪大黒屋≫

*その奇橋≪猿橋≫の袂に≪大黒屋≫なる蕎麦屋がありました。何の変哲もなさげなよくある観光地の蕎麦屋・・・のようで、看板と暖簾に「忠治そば」の文字を発見。 ・・・・・・忠治? あの国定忠治ですか? 我が上州・群馬の大ヒーローぢゃないですか。なぜ、甲州の山間に? どうやら、かつて当店が旅館を営んでいた頃、かの国定忠治が最後の旅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

業務終わり飲み≪ぶんぶく庵≫(定給飯4)

*目黒・碑文谷業務。当然に業務帰り飲酒・・・のはずなのですが、今日は別の自宅業務が若干残っているので、後ろ髪を引かれる思いで真っ直ぐ帰投。クソっ。その代わり、午後9時過ぎ、業務終わり飲酒へ。ま、今からガッツリ本格飲酒・・・という時間帯でもないので、金町駅直ぐ近くの≪ぶんぶく庵≫なる蕎麦屋へ。 ・・・・・・おおっ、思いがけず…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

川口の武蔵野うどん風

*昼飯はそのJR川口駅の周辺にて。つい先日川口を訪れた際に見付けて・・・いや、もうだいぶ以前に我が熊谷駅の直ぐ近くで見付けてからずっと気になっていた≪武蔵野うどん うまかっぺ≫なるうどん屋に入る。 ・・・・・・久々の『武蔵野うどん』ですが、まあ、あの熱烈中華食堂≪日高屋≫系列のザ・チェーン店なので、過剰な期待は禁物です。わ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

両面焼いてくれ≪あぺたいと≫

*≪板橋区立美術館≫で開催されている『開館30周年記念 日本のシュルレアリスム』展を訪れるため、高島平まで出掛けたのですが、その前に昼飯など。いや、まあ、今日も「無意味なお出掛けには2つ以上の動機」を遵守するワケです。平たく言うと、その場所に食べたいモノ・気になる食べモノがあれば、呆気なく「2つ以上」になるんですがね。で、今回の食べたい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

足立富士

*諸事情により、祐天寺モツの〆麺は北千住まで帰投後に。ま、北千住なら〆麺に不自由することは・・・おやおや? 駅西口を出て、歩行者デッキから地上に降りた瞬間、不思議な光景が展開。なんですか、この見慣れているようで、城東地区では意外と見掛けない看板の立食い蕎麦屋は? ・・・・・・一瞬平衡感覚を失ったような不思議な感覚になりまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more