テーマ:新日本無意味紀行

高崎ナイト遥か

で、上信電鉄で世界遺産を見なかった富岡から・・・ ・・・高崎に戻ってきたのが・・・ ・・・未だこの時間。せっかくなので・・・ ・・・大好きな高崎の街の大好きな末枯れアーケード商店街を散策。まだ歩くのか! ・・・相変わらず絶妙の末枯れ具合です。素晴らしい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

群馬未知市掃討の旅完全終結

そして、上州最後の未知市はコチラ・・・ ・・・ご存知、群馬県富岡市。 ・・・今、群馬で最も有名かつ盛り上がっている街ですな。 ・・・駅前の通りから、既に素晴らしい風情です。 ・・・市街地のメイン通りも。多分、観光のために整備したというより、開発の波に取り残され、結果…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

群馬未知市掃討の旅ラスト前

今回の群馬・邑楽帰省は3泊4日と日程に余裕もあるので、久しぶりに上州無意味彷徨の旅にでも・・・ ・・・幾ら無意味だと言っても、安中市? こんなところに何かあったっけ? いや、今回帰省前に2回ほど敢行した「県域内未知市掃討の旅」のスイッチが未だ入ったままで、群馬県でもやろうというワケです。あと2つで終結だったしね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

通勤電車の車窓から始まる旅の懐古

ようやく群馬・邑楽へ夏帰省。いつものように、ふるさと特急≪りょうもう号≫で・・・ ・・・のようで、なぜか埼玉・浦和に降り立つ。いつの間にか、凄い感じの駅になっておりました。何だか新幹線でも止まりそうな大げさな感じね。今回は、思うところあって、JR宇都宮線経由の迂回ルートを設定、その途中で下車した次第です。あの熊谷在住時代、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神奈川未知なる陸の孤島市へ

その人工都市・海老名の街を軽く漫ろ歩き終わったのが午後5時過ぎ。秋も近づき、日が暮れるのも早くなったとは言え、隣町とも言える座間に着いた時点で既に真っ暗というのはあまりにもオカシイ・・・ ・・・理由は、その間に神奈川県綾瀬市なんていう街に行っていたから。なんと、この綾瀬市、神奈川県の「市」でありながら、鉄道が全く走っていな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神奈川未知市掃討の遠征2と3

①続いてやって来たのは神奈川県海老名市。よく耳にする地名ですが、もちろん用がないのに来る街でも何でもありません。 ・・・つか、海老名駅のホームが異常に広い。初詣とか競馬場に来る客がいるとでも? ・・・全体的に再開発されまくって一段落したような感じです。 ・・・極端に言うと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神奈川未知市掃討の遠征1

続けて、神奈川県未知市掃討の旅へ。神奈川になると、さすがに「町村」はパス。だって、ものスゴい山奥で手軽な交通手段がないような場所もあるからね。ま、ま、所詮は軽い「話の種」レベルのフザケ企画ですので。 ・・・で、まずは神奈川県大和市。もう、絶対に用でもない限り来ないでしょ、ココは。だから無理やり来てみたまでです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京未知市町村掃討のプチ旅

まだまだ全然夏季休暇の真っ最中です。出掛けなきゃ、損ね。 ・・・で、東京都狛江市? こんな街に何か用が・・・ ・・・あるワケないやね。つまり、「東京・行ったことのない市町村を漏れなく訪れてみる旅」シリーズの方も久しぶりに再開したまで。ほら、地図で見ると、ホントに訪れる機会のなさそうなロケーションでしょ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こんな街で暮らす夢想

さて、いくら≪ぎょう満≫への愛が深く熱いからと言っても、日曜日の夕方に、わざわざ葛飾・金町から往復600円(北千住までは定期券が使えるからね)もかけて、埼玉・越谷・蒲生なんぞにやってくるワケもなく・・・ ・・・だいぶ前にこの街を無意味に彷徨した際(常に無意味なのだ)、あまりにシミジミな末枯れっぷりに衝撃を受けた、この商店街…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

栃木・未知市掃討1-2

答え:栃木県旧・今市市(現・日光市の一部に編入)へ北上。 ・・・一応今は日光市の一部となっていますが、いわゆる大観光地・日光とは違いますな。ま、あっちちゃんとした日光の方は、小学校の遠足で行ったことあるしね。ちなみに、読み方は「いまいち」です。 ・・・何か、自分の人生を評定されているようです。確かに、そんなも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

栃木・未知市掃討1-1

答え:栃木県鹿沼市なんていう所にやって来ました。 ・・・もちろん、こんな街に用事などありません。かと言って、わざわざ東京から金と時間と労力を使ってくるほどの観光地でもありません。では、なぜ来たのか。 答え:栃木県足利市で少年・青春時代を送ったものの、同じ県内でも未だ訪れたことのない未知の市が幾つか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅の始まりの記

昨日から夏季休業・第一波に入っております。が、真夏の池袋・四谷業務の疲れがドッと押し寄せ、かつ、業務終了直後、実に久々にプチ突貫一日業務などもあり、予想通り、休暇第一日目は終日ダラリダラリどボテボテと。休暇の間はゆっくり体を休め、次の仕事に備えるべき・・・その必要がなくても、この異常な暑さでは、熱中症の恐れも十二分にあるので、不要不急の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

定期公団

その何もなくて味わい深い松戸・五香の商店街を歩いただけで、もうすっかり旅情は満腹なのですが、そこを抜けると・・・ ・・・お馴染の「公団巡り」の旅に突入。ま、別腹とでも申しましょうか。今度はザ・昭和な味わいです。 ・・・ま、特に変わったところも珍しいところもない至ってオーソドックスな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日曜日の夕方前どこかへ

日曜日。特に用事も予定もないので、惰眠をむさぼり、昼過ぎにノロノロと起き出す。で、昼飯を食ったり、掃除をしたり、洗濯をしたり・・・すると、気が付けば時刻は夕方近くになっているワケです。このまま家にじっとしているか、せいぜい晩飯の買い物に出掛けるくらいでも構わないのですが、それだと、体力は回復しても、精神的にはなんかグズグズしてしまいます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

公団大横断

今回の「ちょろり新京成線沿線の旅」の2つ目の目的地はコチラ。 ・・・でも、電車移動ではなく、お隣の滝不動駅から歩いてやって来ました。まだまだヤレるぞ。太ももの裏が軽くツリ始めたがなっ。 ・・・そして、当然コレが目当てなワケです。 ・・・何だか、1年に1回くらい無性に団地の「群生」を見たくなりまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海老の源流

新年度が本格的に始まるまでの切り替わり期間に入ったため、奇跡的に2連休になりました。で、その休日の2日目。休日が1日しかないと、ゆっくり体を休めることに専念すべきなのですが、2日も休みがあってどこにも出掛けないと、逆に心身共にストレスになりますな。ので、ちょろりと。 ・・・最近の無意味ちょろり旅で重宝しているのは、新京成線…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京未知街掃討1/4の2

貴重な貴重な夏休みの一日行楽が西東京市だけかっ! と思い、もう1箇所。 ・・・ほぼお隣の市・小平市へ。あまり大した上積みになりませんでしたな。 ・・・でも、こういう自分の生活圏では見たことのないスーパーを発見するだけでザ・旅愁。 ・・・この道の先には多摩湖・狭山湖。いい風…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京未知街掃討1/4の1

「西東京市」なんていう「城南大学」とか「四友商事」みたいな漫画かドラマに出てきそうな架空の市の名前・・・ ・・・を冠した市が実際にあるワケです。 ・・・あるのです。実態は東京・多摩地区の保谷市と田無市が合併して出来た新しい市だとか。「保谷(ほうや)」とか「田無」の方が全然味わい深いのに・・・ま、気楽な余所者目…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

昭和団地遍路・柏編

第一次4連休の最終日。家でゆっくり休むという手もあったのですが、それほど陽射しも強くないし、風も若干涼しいので、軽く出掛けてみるとしましょう。でも、明日から少々業務もあるので、あくまでも軽くね。保守保身志向のつまらない中年です。 ・・・で、こんなところにやって来ました。JR常磐線の柏駅から歩いて15分ほど。別に観光地でも何…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

それでもまだある未知の街

第一次金町時代=夢のような取り返しのつかないダラダラ放浪呆然を続けていた頃、JR常磐線沿線の街々は全て知り尽くしたつもりでいましたが、未知の街というものがまだまだあったのですな。 ・・・そりゃ、そうだ。こんな普通の何もない街には、用でもなければ来ないからな、住民以外は。せっかくなので、柏からの帰路に途中下車。ほんの隣駅だし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京掃討続きの東久留米

*清瀬市の次はお隣の東久留米市へ。 ・・・福岡県でもないし、西の方はないのに、なぜか東久留米。 ・・・清瀬に比べると、駅周辺には本格的に何にもありません。 ・・・いいんです。普通に人々が住み暮らすだけの静かな街なんですから。 ・・・あ、でも、この娘はやはりコ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京掃討開始の清瀬

どんなにクダらないことでも、成し遂げれば必ず達成感が・・・あるのかどうか分かりませんが、とりあえず「埼玉県の全市」を訪れてみました。これでしばらく無意味紀行も凍結・・・ ・・・と思いきや、その埼玉無駄無意味紀行の際に参考にした埼玉県の市町村地図に似ているモノをネット上で発見してしまいました。ええっと、あの、ホントにやるんで…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

埼玉市域掃討・最後の戦い終結

現在細々と続けている唯一の無意味紀行シリーズ「埼玉県の全市に行ってみる旅」(ほらね、無意味も極まれりでしょ)の最後の旅に行って来ました。貴重な平日休日だったのでね。 ・・・そこは埼玉県・狭山市。ね、用がなければ絶対に行きそうもない街でしょ。 ・・・池袋から西武線を池袋線⇒新宿線と乗り継いで約40分。武蔵野の奥…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

埼玉市域掃討・最後の戦いへ

昨年のちょうど今頃、↓こんな地図を眺めながら(&酩酊しながら)、あれだけ北関東をうろつきまわりまくったにもかかわらず、未だ埼玉県の全市すら行き倒しておらんではないか。坂戸市・鶴ヶ島市・ふじみ野市・富士見市・志木市・狭山市などなど・・・ ・・・などと考え、その後、無意味に坂戸市・鶴ヶ島市なんぞに足を踏み入れてみたお気楽な日々…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新潟・鉄と麺と道の旅

ワリとヒマだった上に、8月30日・31日&9月1日と3連休を捻出できました。この3日間を利用して、唐突に新潟へ。正確には新潟市と燕市&三条市。目的は①実は未だ全線乗ったことがない≪上越新幹線≫の完乗、②『新潟5大ラーメン』の完食、③新潟市のご当地B級グルメを食らい尽くす、④新潟市街を隅々まで歩き見る、⑤雪国の街の「夏の顔」を探る・・・な…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

中山道・南群馬3宿場

来週から金曜日も熊谷業務に軽く出勤することになりました。ということは、本来農閑期であるこの時期にもかかわらず、早くも週休1日制の施行! ま、一日一日の働きが少ない日も多いので、大した重労働&繁忙期でもありませんや。が、週に1日だけしか休みがないことにかわりはない⇒その日曜日は休息最優先(が社会人の義務よね)となるので、早くも、今年いっぱ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

群馬でも未踏

同じ上州・群馬県でありながら、「東毛」に分類される我が両毛地区辺りから見ると、群馬の北の方=北毛や西の方=西毛なんかになると、全く未知の「秘境」と言えましょう。現実レベルで、そっち方面に行くよりも東京に出る方が全然近いしね。しかし、一応部分的にナンチャッテ群馬県民たるもの、せめて群馬県内の全ての「市」(合併前のヤツら)くらいは把握してお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ほぼ最後の新日本無意味紀行

ここ最近、老父の状態がワリと安定しているので、10月16日から19日までの間、人知れず関西方面に旅行に行っておりました。くれぐれも「人知れず」ですので。すなわち、今年の夏に、「(長い長い)夏休みの最後の旅」として、≪兵庫ご当地B級グルメ掃討&大阪ディープ・ゾーン潜入紀行with青春18切符≫を計画していたところ、老父の病気が発覚…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

磐上越・緑黄青

*勿論「郡山観光」などあるはずもなく、午前9時半過ぎから移動開始。東北地方の玄関口にして随一の交通の要衝でもあるので、ここから幾つものルートを策定できるのですが、本日は≪磐越西線≫なる路線をチョイス。 (↓あまり速くなさそうなキャラクターね。なんせ牛ですから) ・・・・・・これで新潟まで抜けて、そこから≪信越…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新潟半端スナップ

*気持ち的にも数量的にも極めて中途半端な新潟市街スナップです。ご参考までに。 (↓これまでは駅前界隈しか知りませんでした) (↓母なる大河≪信濃川≫。これを越えると・・・) (↓ワリと大規模な市街地が出現。ビックリです) (↓アーケード商店街だって、東日本屈指だと思います) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more