テーマ:老親との日々

大晦日のいつもの光景

①夕方過ぎの東武伊勢崎線≪ふるさと特急りょうもう号≫で群馬・邑楽の実家に帰省。 ・・・大晦日夕方のふるさと特急は帰省客・お出掛け帰り客で毎年確実に満席。従って、窓際の席に座ってゆったり寛ぐためには、3日前までには業務帰りの北千住駅で特急指定席券を購入しておきます。そんなどうでもイイ小さな努力あってこその「いつもの光景」とい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今回の両毛酒兼今週の気合一本10

その「夜の酒」は、久々の「今回の両毛酒」で我が群馬・太田市の名酒蔵≪島岡酒造≫の『群馬泉』ですがな、そりゃ。 ・・・もう完全に冬的に寒くなってきたので、この燗酒が美味しい銘酒の季節というワケです。お値段は4合瓶が781円+税という、よくよく考えても「日常晩酌酒」価格。東京でもなんとか手に入らんものかね。あ、これはこれで「今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老母と鯉と鰻

今回の群馬・邑楽帰省は久しぶりに3泊4日のゆったり滞在なので、「一日くらい、夜は外食に行きませう」という老母の提言に従い・・・ ・・・そりゃ、ココでしょ。もう、焼肉とかハンバーグなんかよりも、魚だ。しかも、川魚よ。 ・・・ザ・川魚。あ、「鯉のあらい」ね。400円かな。 ・・・母ちゃん、スマンね。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

母ちゃん寿司

お盆の群馬邑楽帰省に関して老母とメールでやりとりする中に、「たまには、高級生寿司をパックに詰めて貰って、おうちでのんびり飲みながらでも食べたら如何でしょうか。代金は後で上げます・・・」との温かくありがたいお言葉。まあ、本気で代金を貰うつもりはない(が、結局はせっかくのご好意なので受け取ってしまう)が、母親の言う事は素直に聞くべきなので、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月曜日午後10時半の特殊光景

午後10時半の東武伊勢崎線ふるさと特急≪りょうもう号≫館林行きの車内。通常なら土曜日の夜の光景なのですが・・・ ・・・一週間の疲れのピーク&朝から夜まで業務でヘトヘト⇒群馬・邑楽亭に日付が変わる前後に到着するのはキツ過ぎるので、今回は月曜日の夜に。月曜日は午後から業務だしね。今年から火曜日も定休日にもなったしね。で、のんび…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

廻す誕生日の夜

40代後半⇒むしろ50歳にイーシャンテンの誕生日の夜の光景です。池袋業務終了後の土曜日午後10時近く、久々に池袋≪廻し寿司 若貴≫へ。このシチュエーションについて、「こんなはずでは・・・」と思わなくもないが、「これを求めていた」と思えなくもない。 ・・・まずは、回転寿司のマグロが好きだった亡き老父供養も兼ねて、マグロ赤身。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今回の両毛酒マイナー

今回は両毛圏内のスーパーや酒屋でもなかなかお目にかからない、ある意味「幻の銘酒」を。 ・・・群馬・太田(旧新田町地域)の地酒蔵≪山崎酒造≫さんのコチラ。4合瓶で900円前後の日常普通晩酌酒。でも、本醸造です。前々回帰省時に、老母と伊勢崎へ河津桜を観に行った帰りに立ち寄った≪道の駅 おおた≫で購入。 ・・・とに…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今週のザ・週一カレー

テレビのニュースワイド番組などで新製品のジャンク食が紹介されているのを見るや、直ちに探索⇒賞味・・・という具合に、老後の日々を自由自在に縦横無尽の我が老母が、艱難辛苦の末(ホントに探すのに苦労したらしい)、ようやく発見・採取、ワタシのためにも一つ買っておいてくれた、この涙モノで今週の週一カレーを。 ・・・レトルトカレーのク…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

最新両毛麺

館林うどん・太田やきそば・桐生うどん・足利そば・佐野ラーメンなどなど、まさに「麺天国」の両毛地域ですが・・・ ・・・最近、帰省して食べる麺はコイツです。 ・・・前回帰省時も訪れた国道≪旧354号線≫沿いの自販機コーナーです。伊勢崎に向かう途中にちょうど通るので、好都合。 ・・・で、初賞味の自販機…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊勢崎の静岡の桜

普段滅多に頼みごとをしてこない老母が、珍しく「伊勢崎の市民公園で河津桜が満開なので、ぜひ見たい。車で連れて行ってくれ」とリクエストしたので、午後からドライバーになる。河津桜? 確か静岡かどこかの名物では? 伊勢崎? ・・・しかも、着いた途端、目に入ったのは、なぜか丘。いや、むしろ山か? ・・・関東平野なのに、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

居酒屋邑楽亭

気の利いた居酒屋の席に着いた直後・・・ ・・・という趣きですな。お通し三点盛りと熱燗・・・でも、ここは居酒屋ではありません。邑楽亭でもありません。我が金町亭です。週末に群馬・邑楽へ帰省したのですが、その際、老母の手料理を何品かお土産に持って帰らせてもらっているというワケです。 ・・・一年を通して定番の「茄子味…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本全国味噌紀行地元見落とし編

今月の一品はコチラ。正月に群馬邑楽亭に帰省した際、お土産に貰って帰った一品です。ワタシが「日本全国味噌紀行」をしているのを知っていた老母が・・・ではなく、健康志向に興味があり過ぎる老母が、ワタシの味噌汁自炊をさらに勧奨すべく、スーパーで見付けた際に買っておいてくれたようです。有難い。有難過ぎる。 ・・・で、なんと、我が上州…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

居酒屋邑楽亭出張

居酒屋の「お通し3点盛り」と「小皿料理」と缶ビールもどきもどきで、今日の疲れを・・・ ・・・では、ありません。今回も老母の作ってくれた邑楽亭料理を金町亭にデリバリーして、晩酌を楽しむ至福のヒトトキです。 ・・・ワタクシ要望の「ミョウガの酢漬け」が、あまりの暑さで落ちかかった食欲を再点火。 ・・・お馴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海が無くても魚三昧

夕方過ぎに四谷昼から業務が終了、その1時間後にはこの光景in≪ふるさと特急りょうもう号≫はお馴染ね。 ・・・さらに、その30分後には・・・ ・・・この光景。どこまでも続く平地に緑豊かな田んぼ、そして、青い空に高く聳える送電鉄塔。ワタシはこの風景の中で、子供時代&青春時代を過ごしたのです。というワケで、寸暇を縫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

邑楽亭遠征小料理屋風

どこかの小料理屋に立ち寄って、軽く一献・・・ ・・・では、ありません。パック酒をパックのまま出す小料理屋なんて、あるワケないでしょ。画面奥に、いつものパソコンもあるしね。当然のお馴染自宅晩酌風景。 ・・・にしては、肴が微妙に凝っているでしょ。ナス味噌炒め・タコとキュウリとワカメの酢の物・オクラの酢の物・切干大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の一日

うららかな春の日差しが暖かく眩しい快晴の一日となりました。本来は2月中に行う予定だったのですが、大雪のため2回も延期となった亡き父の三回忌法要を。これまた完成が延び延びになっていた寺の永代供養塔がようやく完成し、納骨も同時に行うことになったので、今回の法要は邑楽亭ではなく、寺にて。 ・・・そういう意味でも、春の穏やかな一日…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

元日のお馴染の光景

昨夜は酒をタップリ飲りつつ、深夜、否、朝方までコタツでテレビを観て(というよりぼんやり眺めて)いたので、元日は当然のごとく昼過ぎ起床。一年の計は元旦なので、今年も結局ドップリ夜型人生ですな。 ・・・そして、大事な大事な新年の第一食目は老母の作ってくれた我が家お雑煮。いつもながらに優しくも滋味深い、深過ぎる味わいです。旨い。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

午後10時半の館林駅・東武小泉線ホーム

・・・終電一つ前の西小泉駅行き電車が佇みます。こんな寂しい電車に乗った先に実家の邑楽亭があるワケです。北関東の秋の夜は、もうワリと本格的に冷え込んでいます。奇跡的に土・日と連休となったので、急遽群馬・邑楽へ帰省。 ・・・そして、前回帰省時に買い置きしておいた上毛グレート銘酒『桂川』で一献。 ・・・「も…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

月曜日午後10時半の北千住駅・東武線ホーム

・・・に、音も無く滑り込む東武鉄道ふるさと特急≪りょうもう号≫の雄姿。もちろん、コレに乗って群馬・邑楽に向かいます。週が始まったばかりの月曜日の夜ですが、明日が臨時休業なものでね。わずか1時間足らずで館林駅に到着。近い。でも、邑楽亭の最寄駅までのローカル線は終電済み。邑楽亭まではタクシーで。遠い。近くて遠い群馬・邑楽。いや、月曜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夜のホーム

土曜日の午後11時過ぎ、東武伊勢崎線・館林駅・・・ ・・・午後10時前に池袋業務が終了し、その後で群馬・邑楽の実家に帰省。ま、ヘトヘトなワケですわ。最寄駅までのローカル支線は既に終電済みなので、タクシーで帰投。この後、すなわち今週最後の楽しみは冷蔵庫に待っているエビスビール(缶)とポテサラと中華クラゲと枝豆と冷奴・・・静か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蕎麦の町風

どうやら我が群馬・邑楽町は「蕎麦の町」として軽く町興しを図ろうとしているようです。それほど蕎麦の名産地とも思えないのですが・・・ ・・・邑楽町役場の近くにある農業物産店より老母に買ってきてもらいました。450円。そこそこイイ値段ですが、なかなか本格的な蕎麦です。しかも、結構なボリューム。 ・・・茹でてからだい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

定点上下毛観測(2013年8月23日)

・・・本日より4連休。ようやくちゃんとした「夏休み」が到来しました。掃除・洗濯の後、群馬・邑楽の実家に帰省。2泊3日の滞在予定なので、比較的のほほんと過ごせそうです。読書などもゆっくり・・・ ・・・に備えて、前以てAMAZONで買っておいた2冊を持参。久々に両毛ネタを堪能しました。その中で最も驚愕のネタは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上毛二山酒

奇跡の3連休の一日目が終わってしまいましたが、まだ嬉しい土日連休。ので、老母の顔を見に、群馬・邑楽へ帰省。で、老母の作ってくれたナス味噌炒め・レンコンのキンピラ・ミョウガの酢の物・厚切り切干大根煮などの田舎料理を肴に晩酌のお供は本日の両毛酒。 ・・・あ、ホントに両毛酒なのは『赤城山』の方だけね(旧・大間々町の近藤酒造)。さ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

邑楽亭の味

邑楽亭に帰省する度に、何某かの老母料理を持ち帰らせて頂いております。「東京で下宿する頼りない大学生の息子」みたいですが、大学生でないだけで、本質的にはそうなります。 ・・・今回帰省時に頂いてきたのは、特製切干大根煮with油揚。旨いです。業務から帰り、冷酒と一緒に。至福です。 ・・・老母の作ってくれた切干大根…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久しぶりの例の光景

何だか懐かしい光景ですな。 ・・・午後8時半過ぎに池袋業務終了後、久々にJR宇都宮線の普通車グリーン車に乗り込み、缶ハイボールなど。「濃い目」が嬉しいね。9%ですけど。 ・・・そして、老母の住む群馬・邑楽亭へのローカル鉄道≪東武小泉線≫へ。池袋駅から東武東上線で家路へ急ぐ人々には、こんな末枯れた東武ローカル線…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

老母の鮭

世の母親が勧める「これ美味しいから!」は大抵ハズレが多いのですが(世代的に味覚が違うから仕方がない)、我が老母の「これ美味しい」史上、ついに究極の一品が出現しました。 ・・・≪ローソン≫の『焼さけハラミおにぎり』145円は異常に旨いです。145円でも全然安いです。脂の乗った濃厚な味わいの焼き鮭の切り身が丸々ごろりと入ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

彼岸まで

お彼岸ということで、群馬・邑楽に帰省。既に新年度の池袋業務は始まっておりますが、まだまだ全然余裕があるのでね。 ・・・亡き父へ何を差し上げようか迷ったのですが、闘病終末期、最後に「コレは旨い」と言ってチビチビ飲んでくれた『黒糖梅酒』などをチョイス。あと、大好きだった赤飯のおにぎりや稲荷寿司も。コチラはその日の晩飯に老母と頂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老父カレー遺産

明日が亡き父の命日となります。相変わらず何も供養の仕方が思い浮かばないので、老父が闘病中に家族のためによく作ってくれたカレーを再現してみました。 ・・・ま、要するに普通に「家カレー」を作っただけですけど。ただし、使用したカレールーは、先日一周忌法要のために群馬・邑楽に帰省した際、台所の収納棚に残されていたのを見付けて東京・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一周忌法要

昼過ぎに坊さんがやって来て、滞りなく一周忌の法要を終えることができました。列席者は老母・姉夫婦・孫1(甥1)・孫2(姪)・ワタシの6名、ごく近親者だけのささやかな法事でした。 ・・・何も供養の術が思い浮かばなかったので、ワタシが買って帰るお土産の中で亡き父が一番最後に美味しいと言ってくれた埼玉銘菓『十万石まんじゅう』などを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あの日のカレー

明日は亡き父の一周忌法要があるので、池袋業務終了後に実家へ帰省。業務終了が午後9時40分⇒群馬・邑楽への最終電車が池袋発午後10時10分なので、急げばどうにか晩飯を食う時間もありますな。いつもグリーン車晩酌になってしまうので、たまにはガッツリ食らって帰りたいワケです。 ・・・ま、急ぐとなると、≪はなまるうどん≫さんへ。『カ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more