テーマ:擬似帰郷

ブラジルサンド

本日の両毛昼飯。駐車場に止めた車の中でサンドイッチと炭酸ジュースって・・・まるで刑事の張り込み中みたいですな。 ・・・でも、ただの張り込みメシではありません。 ・・・コチラの一品、なんと「ブラジル風サンドイッチ」・・・という名前があるワケではなく、商品名は『ハムチーズサンド』350円。いや、これを作っている所…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夜のWを久々に

夜9時半過ぎに四谷現場業務が終了。よく考えたら、四谷現場に最終時間帯まで居残るのも、今年からでしたな。で、明日は池袋現場で朝一業務か。こりゃ、直ぐに当地でメシを食って帰らないと、睡眠時間の確保が難しそうです。が、ココはビジネスマンと学生の街・四谷。晩飯難民になり易い「昼の街」なのです。 ・・・こんな時は≪日高屋≫くらいしか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アーリー・アーリー・タイムズ

別に普段飲むウィスキーなら『ブラックニッカ クリアブレンド』でも全然問題ありません。700mlで750円前後だし、ハードボイルド北方・落合式にロックとかストレートで飲む習慣もなくなり、水割り、それも出来るだけ薄いヤツで飲んでいるワケですから。いや、そもそもクリアブレンド自体が十分美味しいしね。という次第で、ウィスキーの銘柄なんぞ、何でも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遥かなる青砥

高砂の末枯れ商店街を歩いていたら、それほど遠くない距離にこの橋が目に入りました。 ・・・水の都・葛飾区の隠れた名橋≪高砂橋≫@中川です。そして、この橋を渡ったら、何もかも懐かしいワタクシの葛飾暮らし第一弾の街・青砥でございまして。 ・・・そりゃ、渡りますって。 ・・・大好きな≪新金貨物線≫も見下…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

真のノスタル李

普通に熊谷業務の金曜日。完全に業務最繁忙期に入り、ゆっくり大宮魔境で脱力放心する心身の余裕はありませんが、大丈夫。問題ありません。 ・・・熊谷には、ただ晩飯を食らうだけで寛いだ気分になれるマイ避難所がありましてね。味的にも思い出的にも最高の熊谷拠点です。 ・・・最高の思い出でもある『棒棒鶏定食』680円。今を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二重ノスタル団地

実は今回の真の目的地はコチラの街だったりします。 ・・・坂戸は坂戸でも、平仮名一文字入れ替えると「北酒場」になる北坂戸です。 ・・・昨年夏頃、気分転換のために熊谷⇒東松山⇒東武東上線経由・池袋というルートで何度か通勤したことがあったのですが、その際、電車の中からこの北坂戸の団地群の風景を見て、いつかコ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

定点葛飾望郷観測(2012年4月15日)

もはや葛飾とは何の縁もゆかりもない地で日々を過ごしておりますが、かつて7年もの間、葛飾区に住み暮らし、かつ、ヒマに任せて隅々まで探索した者としては、書店でこういう本を見付けたら、つい反射的に手が伸びています。そして、レジに向かっています。 ・・・青砥・金町・高砂・柴又・亀有・立石・水元・四つ木・堀切・新小岩・小菅・・・こう…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

かつしか再見

通常なら繁忙期の第一段階に入るはずの8月ですが、どういうワケか思いの外ヒマで、ワリとゆっくりさせて頂いて参りました。まさか震災の影響? まあ、世の中全体の景気が悪い時は、自分のいる世界だけ景気が良いというのは異常ですしね。その分「実入り」も当然減少するのですが、しばらく様子見とシャレましょう。あと、粛々とスキルアップなども。で、そのスキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤羽駅午後11時30分の憂愁

というワケで、いつの間にか業務の行き帰りに赤羽駅を利用する日々が復活しております。すなわち、今からもう15年近く前=20代半ばから30歳までの頃、新卒で勤め始めた会社をあっさり辞めて北関東の某学習塾で講師のアルバイトをしていたことがあり、その頃の一時期、特に意味もなくこの街で暮らしていたことがあったのです、ワタクシ。 当時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

定点観測(2010年12月26日)

先週に引き続き、現実逃避アゲイン。 ・・・「11」という数字からも分かるように、先月号でして、普通に本屋の店頭で買うことはできません。わざわざ業務先の池袋にあるデカい本屋≪LIBRO≫の雑誌バックナンバー・コーナーで買い求めました。なぜ、JR高崎線沿線、しかも、ド・北関東の熊谷在住なのに、「東横線・神奈川編」をわざわざバッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

20年後の母校応援

日本シリーズ進出を賭けたプロ野球のクライマックス・シリーズがまさに「クライマックス」を迎える本日、地味に≪神宮球場≫へ大学野球を観戦しに行きました。ついに「母校」の応援です。在学時代には母校の野球部なんかに何の興味もなく、それが原因で愛校心がカケラも育まれなかったのでしょうかね。今更ですが、少しでも愛校心が芽生える・・・ワケない…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

見逃し七五カツ

*諸々の下見&実測もあり、G馬O楽からG馬O田へ車で移動し、昼飯もそのままO田にて。で、東武線・O田駅北口前の商店街(末枯度200%)に渋く佇む≪お食事処 七五≫なる大衆食堂へ赴いてみる。 ・・・・・・某コミュニテイFM局への投稿で「G馬O田のオススメB級グルメ」を尋ねたところ、この店の『ソースかつ丼』が旨い!と紹介され、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

妻沼プチ採取

*大して観光探索もしませんでしたが、せっかくなので、妻沼のスナップでも軽く。 ①かつて、ここ妻沼町と熊谷市中心部を結んでいた幻のローカル線≪東武熊谷線≫で活躍した車両。 ・・・・・・通称「カメ号」だそうで。 ・・・・・・そう言えば、かつてワタシも高校生の時、一度だけ乗ったことがあります。勿論無意味に。無…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東横ミニ・リベンジ2の元住吉

*目黒・碑文谷業務の後、≪東急東横線≫を帰途とは逆走して、元住吉駅へ。先週の新丸子駅に続いて、「1年間、日吉に住んで東横線で渋谷まで通いながら、一度も途中下車したことのない駅」へのリベンジを果たすシリーズ・第2弾です。 ・・・・・・「リベンジ」なんて言われて、元住吉にしてみれば、逆恨みも甚だしいはた迷惑な話ですが。当地には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嘆きの坂1986

*その炭火もつやき的な魔境を出た後、腹ごなしも兼ねて、再び東口方面を軽く散策。コチラの短い方の商店街は直ぐに≪綱島街道≫にぶつかってメインが終わるのですが、ここで、その夜の闇に包まれた綱島街道を目にした瞬間、遠い遠い遠い日の記憶がふいに甦ってきました。そうだ。ワタシは元住吉駅に降り立ったことが一度あったではないか・・・。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤羽末枯れシルクロード屋台

*というワケで、今夜は珍しくハシゴ飲酒などを。2軒目のお店はその≪OK横丁≫にほど近い≪赤羽一番街シルクロードアーケード≫内にあります。つか、駅周辺再開発のせいで、シャッターが永遠に降りちゃった店も多く、末枯れ度で言えば≪OK横丁≫よりも遥かにディープぢゃないか、≪シルクロード≫。名称もトホホだし。まるで、不況に喘ぐ中小地方都市の小さい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旧岩槻街道・川⇒赤

*というワケで、ホントに徒歩で川口から赤羽に突入しました。しかも、底の薄いサンダルで。昔の旅人かっ。せっかくなので、スナップを少々。 ①まずは、川口宿の佇まい。残存物件はほぼ皆無ですが、何となく、いかにも旧街道っぽい怪しい雰囲気です。 (↓何だか時間が止まっておりますなぁ・・・) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

非斎藤東十条魔境≪みとめ≫

*≪浦和競馬場≫でワリとガッツリ「もつ煮込み」を食らい、かつ、「レモンハイ」も飲ったので、今日はこのまま真っ直ぐ帰投・・・なワケないやね。せめて南浦和駅がJR武蔵野線だけの駅だったら、それもあり得なくもないのですが、京浜東北線を使えるとなると、もう即刻無条件降伏でしょ。先日訪れた西川口もイイし、何と言っても、東京城北の大魔境地帯・赤羽&…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソウル・東京マリオン

*さて、東十条&十条で〆麺となると、選択肢があり過ぎて大いに煩悩・・・結局のところ≪東京ラーメン マリオン≫に行ってしまうんですけどね。 ・・・・・・葛飾区民になる前の東十条・十条在住時代、今思えば何が楽しくて生きていたのかイマイチ分からな出不精なワタシの唯一の行きつけ店だったオアシスでして、やはり、思い入れもひとしおなワ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤羽200円以下魔境≪いこい≫

*いや、何もそんなバス車窓風景を楽しむためだけに赤羽までやって来たワケではありません。何しろ赤羽と言えば、筋金入りの猛者どもが大きく口を開けて待ち構える「城北の魔境天国」ですから、そりゃ一杯飲っていくでしょ。しかも、魔境中の魔境・信じられない安値でしこたま飲める≪いこい≫へついに突入。 ・・・・・・いくら立飲み屋とは言え、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

O田テイクアウトB1・哀愁メンチカツ

*本日の晩飯はG馬O田テイクアウトB級グルメなど。たまにはこういうパターンもいいでしょ。で、まずは、最近ネットラジオでほぼ毎週聴取している我がG馬O田の至宝≪FM太郎≫の超看板番組『T-Fine!』(早くも投稿職人化。詳細は後ほど)でご推奨頂いたO田・東本町≪河田肉店≫の『メンチカツ』など。一体どこの肉屋かと思いきや、かつて熊谷在住・O…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熊谷残滓少々

*本日よりG馬O楽へ年末年始帰省の予定なのですが、洗濯機2回転&軽く(あくまでも軽くね)掃除&雑然書棚の整理などを終えた時点で、早くも午後3時過ぎ。もう「帰省前寄り道彷徨」を楽しめる時間帯ではありませんな。ので、年末年始買物も兼ねて、かつて住み暮らした埼玉・熊谷経由で帰省することに。ま、熊谷を「残滓」確認彷徨するのも久々なので、ワリとイ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

サヨナラも言えずにさらば下北沢≪マック≫

*今日8月26日、東京・下北沢のとある大衆洋食屋がひっそりと店を閉じました。そのお店の名は≪下北洋食屋 マック≫。ワタシ世代の人にとっては、≪サラダの店 マック≫と言った方が馴染みがあるかもしれませんな。 ・・・・・・20代初頭、1年間だけ下北沢界隈で暮らしたことがあり、そのワタシのしょっぱくも苦い苦い青春時代にまさにリア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鴻巣・第7回こうのす花火大会

*≪葛飾納涼花火大会≫で幕を開けた2008年夏・花火ですが、第2弾は埼玉県鴻巣市の花火大会へ。 ・・・・・・最近すっかり我が心の故郷中の上位・・・という理由だけではありません。「関東一の大玉」と謳う『正三尺玉』なる超ド級花火が目当てでして。 (以前青春18修行旅行の途中、何気なく立ち寄った新潟県長岡市で何気な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トワイライト麺

*鴻巣駅到着は午後6時前。少し時間があるので、花火の前に腹ごしらえでもしようぢゃあないか。ということは、あの謎の自家製ハンバーガー屋か? いやいや、今回は鴻巣・心の故郷化を大きく推進してくれた鴻巣の至宝≪中華 和光≫さんへ。 ・・・・・・もう随分長いことインターネットラジオで愛聴している鴻巣市のコミュニティーFM≪鴻巣フラ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

北区・テレポート豆腐ラーメン

*薔薇見のスポットに北区≪旧古河庭園≫を選んだのには実は裏の目的があります。よって、最初に足を向けたのはJR埼京線の十条駅。当地に「オリジナル味付 元祖豆腐そば」なる看板を掲げた大衆中華料理屋がありまして・・・ ・・・・・・勿論十条在住時代には気付きもしなかったのですが、埼玉岩槻&西浦和B級グルメ『豆腐ラーメン』フリークと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

謎の十条からし焼き・終章

*晩飯も勿論北区にて。で、赴いたのはJR東十条駅・南口の横丁末枯れ商店街にある≪とん八≫なる大衆定食屋。 ・・・・・・いやいや、このお店、ただの定食屋ぢゃありませんぜ。知る人ぞ知る(基本的にあまり知られていない)北区十条&東十条のご局地極限定B級グルメ『からし焼』の元祖・発祥店だそうで。以前JR十条駅の方にある≪大番≫なる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本日の北区逍遥スポット&ゾーン

①長きに渡る東十条在住時代に一度も歩くことがなかったJR東十条駅・北口界隈の渋いこと限りない飲み屋街&味わい深い坂道。 (↓課長?) (↓コチラはお馴染み演芸場通り。天気が良いと違って見える) ②≪旧古河庭園≫を除けば上中里唯一の名所スポットと思しき≪平塚神社≫。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フラワーシティ鴻巣2・ポピーの花

*相変わらずインターネットで愛聴している≪鴻巣フラワーラジオ≫の情報によると、埼玉県鴻巣市の荒川河川敷でポピーの花が今まさに見頃を迎えているらしい。題して「1000万本のポピー花街道」だとか。そりゃ行くでしょ、絶対。 ・・・・・・場所は鴻巣駅西口(もう何回も鴻巣に参上していますが、こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出遭い・麦なでしこ

*その鴻巣≪ポピー・ハッピースクウェア≫にて今回は『麦なでしこ』なる新たな花との出遭いもありました。鮮やかな紫色の花で、「可憐」という表現がぴったりですな。この素敵な花が大群立、川風にゆらゆらそよぐ様は実に筆舌尽くし難いワケでして・・・。超ド級呆然。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more