テーマ:鉄ちゃん

非青春133円切符の旅

日曜日の昼間なのに、この至福の光景です。 ・・・JR常磐線快速列車のグリーン車中。が、別にどこに向かうワケでもありません。久しぶりにJR大回り133円の旅です(消費税アップにより半端な額に)。金町⇒松戸⇒友部(常磐線)⇒小山(水戸線)⇒赤羽(宇都宮線)⇒日暮里⇒亀有という片道大回りの旅です。バカげていることは、百も承知。列…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空青雲白

わざわざ我孫子まで来て、立ち食い蕎麦を食っただけで帰る・・・というのも、あまりにも勿体ない。つか、このまま金町へ帰るとすると、我孫子駅までの往復運賃をそのまま払う必要があります、当たり前ですね、違法行為はイカンぞ。が、ぐるっと大回りで一筆遠回りをして亀有に行けば、金町⇒亀有間の1区間運賃のみで済むではないか(亀有⇒金町は定期券が使えるし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もはや夢幻ループ

昨夜で本年度の池袋業務が完全終結。3日の小休止を挟んで、新年度の準備先駆け的業務に突入し、そのまま新年度の正規業務へと雪崩れ込みます。その前に、今年度の反省やらこれからの展望など、いろいろ考えたいことがあるので、とりあえずJR金町駅から下り電車に乗り込む。家に閉じ篭って考えると、ロクな考えが生まれないからね。 ・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金曜日午後9時の0番線

東京メトロ千代田線の東の終点・綾瀬駅。この駅には、謎の「0番線」が存在する・・・ ・・・時刻は業務帰りの金曜日の午後9時過ぎ。ふと思い立って(むしろ特に何も考えず)、その0番線に行ってみる。 ・・・0番線に続く階段。通勤客でごった返すターミナル駅の外れにこんな寂れた空間があるなんて・・・ ・・・…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

空鉄

第一次金町生活を手仕舞い、埼玉・熊谷に引っ込んでいた間に、大東京どローカル線・京成金町線が一部高架化されるという衝撃の事件があったのですが、その終着駅である京成高砂駅周辺でもう一つ激変が・・・ ・・・いつの間にか、京成本線⇒北総公団線が『成田スカイアクセス線』なんていうシャレた名前に変わり、しかも、北総線の終点の印旛日本医…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夜の謎の踏切

何の変哲もない夜のJRの踏切。 ・・・その前に佇み、電車が通過するのを待つ。 ・・・ごくごく普通に通勤客で満員になった電車が通過するだけ・・・ん? 何か違和感があります。この電車はいつも目にしている電車のはずなのですが、踏切越しに見ることは・・・ ・・・確認すべく、逆側に渡って再度電車の通過を待…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緑を求めて

プチ夏休み第二弾・4連休の最終日。明日からの池袋業務・新章開始に備えて、金町亭でゆっくり休養・・・ ・・・とも思いましたが、何となく緑の濃い景色を眺めながらいろいろ考え事をしたいと思いまして、久々に青春130円切符大回りの旅へ。本日のルートは金町⇒(常磐線)⇒我孫子⇒(成田線1)⇒成田⇒(成田線2)⇒松岸(銚子の一つ手前)…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

間違い探し

問題:下記の写真の中に、一箇所だけ間違いがあります。さて? 解答:JR常磐線しか通らないはずの我が金町駅のホームから、ブルーやグリーンの常磐線カラーではなく、東海道線ライン=みかんオレンジと茶葉グリーンの列車が見えます。 ・・・でも、合成写真ではありません。試運転の電車がたまたま停まっているだけです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新京成線沿線より

「週に唯一の休日の日曜日には無理にでも出掛ける試み」の第二弾はココから。 ・・・お馴染の松戸駅ですが、ちょっと様子が違います。 ・・・なんと松戸駅は≪新京成線≫というマイナー私鉄の始発駅なのです。松戸も立派なターミナル駅だなんて、知っている人は少ないでしょうな。 ・・・漫画やアニメみたいな行き先…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

定点鉄酒観測(2013年6月1日)

先日久しぶりに都電を堪能(巣鴨新田~町屋)し、路面電車の魅力を再認識したワケです。 ・・・だから、こんな本を買ってしまいました。目当てはもちろん付録のDVD。こんなDVDをぼんやり眺めながら、ちょっと旨い日本酒、或いは、最近ハマッている芋焼酎の水割りとかをチビリチビリ・・・タマリマセンな。って、いかんな、どんな風にしても、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

路面電車で帰る土曜日の夜

その昭和労働充実食堂に向かう前、大塚駅で久々に都電を見掛ける。 ・・・そう言えば、通勤ルートの途中の町屋にも都電が走っていましたな。こりゃ、昭和な気分のまま、都電で大回りして帰ってみましょうか。近くに都電の停留所も・・・ ・・・街を彷徨していて、予期せぬ踏切に遭遇した時ほどテンションが上がることはありませんな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

遥かならざる運河

江戸川台無意味散策の途中、雲行きがだいぶ怪しくなってきました。つか、出掛ける時点で、確実に雨が降ることが予想される天候でしたしね。で、さすがにそろそろ帰ろうかと思い、駅まで行ったところ、路線図を見ると、隣の駅は≪運河駅≫ではないですか。よりによってワタシの大好きな駅ではないですか。 ・・・そのまま、江戸川台から30分ほどぶ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日曜日の午後にフラリと

それほどの労働量でもないのですが、一応月曜日から土曜日まで池袋業務に出掛け、完全休日は日曜日のみというそこそこ真っ当な日々です。が、そうなると、日曜日はほとんど洗濯(毎週)・買い物(毎週)・掃除(コレはごくごくたまに)⇒来週の業務に備えて休養・・・というエンドレス・ワンパターンで終わってしまいます。終わってはいかん。ので、たまには出掛け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

哀愁の京成金町線未来化

気が付けば金曜日が定休日となっていました。急に休みになっても、勿論特に予定はないので、とりあえず床屋にでも行きますか。で、終了時点で未だ午後3時。いかん。このまま家へ帰ると、何となく気分が落ちそうでして。ので、特に深い考えもなく、京成金町駅に。そう言えば、23区内最高レベルの超絶ローカル線・京成金町線の始発駅である京成高砂駅の金町線ホー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

謎の金町⇒松戸⇒⇒亀有

午後2時ちょい前のJR金町駅。 ・・・駅名表示板の矢印を見る限り、どうやらこのオトコはこれから松戸方面へ向かうようです。 ・・・なのに、辿り着いたのは亀有駅。しかも、時刻は午後7時半近く。5時間半も何をやっていたのだ? <こんな感じでした> ①JR松戸駅でJR常磐線快速に乗り換え。確かに松戸には行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マジか、東武?

しばらく前、群馬・邑楽亭へ向かう東武小泉線の列車の中で、この掲示広告に遭遇。 ・・・うむ。変わることは大いによろしい。ワタシも変わらなきゃ・・・ ・・・いやいや、これはどうだ? 世の中、変わらない方が良いことも・・・東武さん、冗談でしょ? ・・・本気なんですね、やっぱり。東に下りし恋多き美男子も…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

思考停止赤城山

突風が吹き荒れる月曜日=業務定休日でございます。この突風に誘われるかのように出奔。 ・・・こういう風が強い日は空気が澄み、上毛の至宝≪赤城山≫の雄姿を思う存分堪能できるというワケでして、久しぶりに北関東ぐるり青春130円切符の旅@メインは両毛線へGO。おおっ、このオレンジ&グリーンのザ・昭和電車が当たり前のようにホームに滑…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

定点盲腸レール観測(2011年12月4日一日遅れ)

先日千載一遇大宮魔境へのお伴として購入したヤツです。 ・・・最早この手の「鉄ネタ」与太本は読み尽くした感もありますし、かつ、そもそも関東近郊の盲腸線についてはほとんど(いや、全てだな)現地で実況検分して自分の目で確かめたので、今更新しいネタもないだろう⇒一度手に取ったものの一旦は返そうと思ったのですが、思わず表紙写真を二度…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤城山のためだけに大迂回

その深谷≪和幸≫のあまりの麻薬的旨さに総員絶句のまま黙々と咀嚼・嚥下。久しぶりに会ったというのに、1時間にも満たない会食歓談で終了してしまいました。時刻は未だ午後3時過ぎ。しかも、概ねすっきり秋晴れの空。このまま真っ直ぐ熊谷に帰投するのも勿体ないので、JR高崎線を逆走で高崎⇒JR両毛線で小山⇒JR宇都宮線で大宮⇒JR高崎線でようやく熊谷…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

川越への道

①熊谷から東松山までは路線バスにて。 ・・・何となく、この街の佇まいも「原風景」化してきました。 (↓駅前の高層マンション。完全に東京通勤圏ですな) ②東松山から川越までは東武東上線にて。 ・・・ありふれた緑の田園風景のようですが、比企地方独特・・・の風情がないとも言い切れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あの看板

普通にお休みの月曜日。週に2日連続で休みをとれると、1日目:完全休息&掃除・洗濯などの家事⇒2日目:少しはどこかに出掛けてみるか・・・となるワケね。まあ、晩飯用&一週間分の食料の買い物がてらの自転車プチ激走くらいが定番ですが。そんな無意味ママチャリ疾走の途上、緑豊かな田んぼのド真ん中で、こんな看板を発見。 ・・・新幹線に乗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

公憤から興奮への上越新幹線

特別変則シフト3日目。今朝も池袋へ向かうべく熊谷駅に・・・ ・・・あれ? 何か変ですね。次の停車駅が大宮って・・・ ・・・しかも、本庄早稲田ってどこ? ・・・さらに、ホームが異常に広くないか? つか、朝の通勤ラッシュ時なのに、人がほとんどいないのはなぜ? ・・・などと思う間もな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

坂のある道vs平坦なだけの道

実に久しぶりに浮かれるがごとく楽しみにしていた約束的なモノがあったところ、当日になって急にポシャる。こういう場合、気分がやたら舞い上がった分、下がったテンションの低さといったら、もう大変ですな。つか、あぁ、何だか懐かしいなぁ、こういう感じ。すっかり忘れていた類の気分の上下動です。何事もなくただただ淡々と平穏に日々が過ぎていくのが良いのか…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

通勤電車・おかしな小さな旅

毎朝毎夜大満員御礼電車にギュウギュウ詰めにされて通勤・帰宅されているお勤めの方々のご苦労に鑑みれば、週に3回程度(しかも昼過ぎ通勤)、JR高崎線で熊谷⇔池袋を往復する程度のことに不満や不平を述べる権利も価値もないことは重々承知しております。が、飽きます。飽きるよ、そりゃ。というワケで、本日はJR熊谷駅に向かういつもの通勤路ではなく・・・…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

秩父の車窓から

(↓秩父鉄道の電車が熊谷を出て30分も走ると、早くも秩父の山並の予感) (↓寄居駅に停まる東武東上線の電車。こんな埼玉の奥地に東武カラーの電車を見ると、実に不思議な気分) (↓源流に向かう荒川もますます美しく) (↓秩父の山並もますます美しく。駅からこんな景色が見えちゃう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤羽駅午後11時30分の憂愁

というワケで、いつの間にか業務の行き帰りに赤羽駅を利用する日々が復活しております。すなわち、今からもう15年近く前=20代半ばから30歳までの頃、新卒で勤め始めた会社をあっさり辞めて北関東の某学習塾で講師のアルバイトをしていたことがあり、その頃の一時期、特に意味もなくこの街で暮らしていたことがあったのです、ワタクシ。 当時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青春180円切符・思案電車の北関東旅

JR熊谷駅の構内でこの「誘惑のチラシ」を目にする度に、未だ消え難い漂白の思いがよみがえりまして。。。 ・・・このチラシを入手したのは昨年12月。当時は業務最繁忙期につき、当然そんな夢のような漂白が叶うはずもなく、せめては時刻表でも買って、池袋業務現場への途上で紙上妄想漂白・・・ ・・・と思いきや、よく…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

川越線がローカル線だった頃

午前10時過ぎの大宮駅。さ、本日も、先週から始まった大宮新規業務へ・・・のようで、怪しい地下ホームへ。 ・・・いや、怪しくも何ともありません。大宮駅・埼京線ホームです。さらに新規に川越の現場でも業務が始まったもんでね。着々と農地が拡大している風に見えますが、各地とも「自分の家が食べる分のお米」的な小さな田んぼばかり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かめの道・利根川越え

軽い掃除&洗濯の後、予定通り群馬・邑楽へ帰省。本日は自宅最寄のバス停から(東武小泉線の)西小泉駅バスに乗り込み、利根川を渡河(利根川を渡る橋の上から見えた赤城山が目にも心にも沁みました)、終点の西小泉駅へ。そこから、天下のローカル線・東武小泉線に乗り換え、邑楽亭最寄の駅まで。都合1時間ちょい&運賃合計660円という最短・最安ルートで帰っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かめ廃線を辿る

今週の日曜日は群馬・邑楽に帰省することになったので、急遽「日曜ママチャリ激走」を今日金曜日にシフト。気温が大いに低く、北風も吹きまくっておりますが、そんなことは知ったことではないのだ。で、本日は、今から30年近くも前に廃線となった哀愁の≪東武熊谷線≫の廃線跡を辿ってみようかと。熊谷移住後の一大エンターテインメントとして、楽しみにしており…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more