テーマ:両毛エレジー

久々両毛至宝セーブオン

昨日は我が青春の地・栃木県足利市で紅葉⇒ご当地B級グルメ『ポテト入り焼そば』⇒紅葉と、ある程度活動的に過ごしましたが、本日は昼からコタツで怠惰三昧。もちろんアルコール含有で。 ・・・その予定で、昨日の内に取り揃えておきました。久々に両毛至宝コンビニ≪セーブオン≫のエレジカルな品々も堪能したくてね。 ・・・この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遅れ紅葉2

『足利ポテト入り焼きそば』でエネルギー充填&ノスタル汁噴出につき、我が青春の地のド真ん中である足利市街地に向けて車を再始動。 ・・・で、青春時代には全く目も向けなかった足利随一の古刹≪ばんな寺≫へ。 ・・・ここの大イチョウが紅葉名所でしてな。 ・・・ううむ。凄い。言葉を失います。…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

遅れ紅葉1

今回は久々に2泊3日の邑楽亭滞在となりました。その中日。しかも、大快晴。北関東の青空は限りなく澄んでいるのです。こんな日に、昼間からコタツに潜り込み、熱燗をチビリチビリやりながら、時々ウタタ寝・・・も勿論問題ないのですが(大アリ)、まあ、少し出掛けてみますか。遅ればせながら、紅葉でも求めて。 ・・・で、やって来たのは我が青…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今回の両毛酒直送便

今回帰省時に購入した両毛逸品を二品。 ・・・いや、さすがにコイツを手にして持ち帰れるはずもなく、青春街道・国道354号線沿いにある≪Book-Off≫群馬太田店で買い貯めておいた古本なんかと一緒に宅急便で東京へ送る。イイ歳こいて、老母に宅急便で酒を送ってもらうとは・・・すいません。その分、激しく労働した日に限定して飲みたい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふるさと特急真原風景

で、なんで四谷業務の後に浅草まで移動したかと言いますと・・・ ・・・ここから≪ふるさと特急りょうもう号≫に乗って、群馬・邑楽にようやく帰省しようと思いまして。お盆もだいぶ過ぎてしまい、スイマセン、亡き父ちゃん。あ、いつの間にか浅草駅が改修されて、むしろレトロ調になったのですね。 ・・・大好きな浅草駅ホームを眺…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

定点原風景鉄道本(2015年8月21日)

そりゃ、当然買うでしょ、東武伊勢崎線沿線(福居駅・県駅・東武和泉駅・足利市駅辺り)育ちとしては。そして、あっという間に読了するでしょ。ヒマだしね。こういう本をぼんやり眺めながら酒を飲む。そんな夏もいいぢゃないか。 ・・・やっぱ、イイねぇ、東武鉄道。心情的にも利便的にも家賃的にも、将来は確実に東武線沿線の埼玉県内のどこかの街…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

定点今更郷土ヒーロー(2015年8月9日)

まさしく「今更」ですが、少年・青春時代を栃木県足利市で過ごした以上、一度はちゃんと読んでおかなくちゃね。 ・・・この人自体、栃木の足利とはあまり接点がなく(単に領国だっただけ)、市内にこの人自身に関連する史跡があるでもないし、小学校とか中学校とか授業で特に「郷土の英雄」として取り上げられた記憶もないし、何となく遠い存在だっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

両毛の細い糸の小さな復活

いつの間にかコンビニの店頭に復活していました。いろいろあるでしょうけど、とり急ぎ大慶。そりゃ、買うでしょ。 ・・・何だか雰囲気が変わったような・・・ ・・・あ、密閉パックのジェット湯切り式になったのですね。以前の前時代的なフタ付きカップの湯切り穴式も懐かしいのですが、やはり、この方がイージーですね。衛生的なア…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

最新両毛麺

館林うどん・太田やきそば・桐生うどん・足利そば・佐野ラーメンなどなど、まさに「麺天国」の両毛地域ですが・・・ ・・・最近、帰省して食べる麺はコイツです。 ・・・前回帰省時も訪れた国道≪旧354号線≫沿いの自販機コーナーです。伊勢崎に向かう途中にちょうど通るので、好都合。 ・・・で、初賞味の自販機…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊勢崎の静岡の桜

普段滅多に頼みごとをしてこない老母が、珍しく「伊勢崎の市民公園で河津桜が満開なので、ぜひ見たい。車で連れて行ってくれ」とリクエストしたので、午後からドライバーになる。河津桜? 確か静岡かどこかの名物では? 伊勢崎? ・・・しかも、着いた途端、目に入ったのは、なぜか丘。いや、むしろ山か? ・・・関東平野なのに、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

両毛⇒北関東との細き糸

あの両毛カップ焼きそばのメーカーが例の事件で完全クローズしているので、代わりにコチラの一品で「細き糸」を継続。 ・・・この『ニュータッチ凄麺』シリーズを作っている≪ヤマダイ≫というメーカーは茨城県結城郡にあるので、厳密には「両毛」ではありませんが、ま、一応「北関東」という括りでは、「細き糸」と呼んでもよろしいのではないでし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

細き糸の行方

こんなネタを気軽に書ける状況ではなくなってしまいました。 ・・・あまりに問題が重大過ぎるので、ココで軽々しくいろいろ述べるのは差し控えたいと思います。 ・・・ただ、この商品の味自体は悪くありませんでした。 ・・・トッピングの干し海老のみならず、海老油の風味が効いていて、麺とのからみも悪くない。美…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

続・東毛自販機オトナ食い

珍しく群馬・邑楽亭で過ごす週末が両日とも快晴でした。老母お手製の田舎料理を肴に、昼からコタツで両毛酒などをかっくらいながら、テレビをダラダラ三昧・・・もオツなのですが、さすがに一日くらいは出掛けるべきですな(ということは、昨日はダラダラ三昧)。 ・・・で、出掛けた先がココか。北関東の青空に映えるこの看板は・・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

両毛との細き糸の大盛り

奇跡的な巡り合わせにより、平日の休日。で、のんびりと忘れた頃の≪ペヤング≫で我が両毛地域との絆を強めるシリーズなど。もちろん昼からビール(風飲料)でっせ。 ・・・今回もグッとくるでしょ。どうですか、この脱力デザイン。焼きそばなのに、緑色が全面に・・・実に不可思議なセンスのパッケージです。しかも、なぜ今更「野菜炒め」を特集?…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

街道自販機オトナ食い

せっかくの群馬・邑楽での休日。しかも、抜けるような青空の秋晴れ。何か有意義な過ごし方・・・ ・・・の正反対の下らないことに一日を費やしたいものです。で、わざわざ車でやって来たのは、県道沿いにあるコチラ。 ・・・今や絶滅危惧な昭和遺産とも言える「自販機コーナー」ですが、我が北関東、特に群馬県内では、当たり前のよ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

闇夜のムジナ

午後11時半過ぎの東武伊勢崎線・館林駅前。 ・・・闇夜に不気味に浮かぶ狸・狸・狸・狸・・・ ・・・狸・・・なぜ、こんな駅前に狸の群れが? 市内にある≪茂林寺≫というお寺が『分福茶釜』の所縁の地でして。 ・・・というワケで、午後10時近くに池袋業務終了後、そのまま池袋⇒JR宇都宮線⇒久喜⇒東武伊勢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北関東ホームセンター食堂

夏の群馬・邑楽帰省最終日。邑楽亭で使うためのちょっとした台所用品を買いに、北関東ホームセンターの双璧の一角≪カインズホーム≫へ・・・ ・・・その前に、いや、それと同時に、昼飯にラーメンなど。つまり、入り口脇に併設のフードコートがあります。その名も≪カインズキッチン≫ね。 ・・・『しょうゆラーメン』が280円っ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

両毛立ち食いそばエレジー

しかし、その上州未知市掃討の旅で最初に降りたのは・・・ ・・・もう何度も何度も訪れている両毛仲間・隣町の群馬・桐生のJR駅。 ・・・ま、降り立ったと言っても、昼飯を食おうとコチラに立ち寄っただけですが。つか、栃木・佐野から旅がスタートしたのだから、『佐野ラーメン』で昼飯を済ませば良かったのに・・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

両毛との細い糸リニューアル

GWに群馬・邑楽に帰省したばかりですが、その際に地元のスーパーで購入した「両毛との細い糸」を早くも賞味。東京のコンビニでも買えますけどね。最近カップ麺のストックが少ないもんで。 ・・・前回賞味時に大絶賛美味だった傑作商品のリニューアル版みたいです。 ・・・麺の色はどう見ても「蕎麦」だし、「スープ」ぢゃなくて「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弁天の遠景

その佐野ラーメン≪おぐら屋≫が立地する佐野・赤見地区には≪出流原弁財天≫という佐野屈指の景勝・観光スポットがあります。 ・・・ね。もう、見るからに由緒正しい観光すべきお寺な雰囲気でしょ。 ・・・この日の夕方には早くも腰痛と膝痛が襲うなんて、この時点では予想だにできず。 ・…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

謎の石切場跡

その「真っ黒焼きそば」の≪岩崎屋≫さんは旧・太田市の北端部近くにあり、そのままさらに北上すると、旧・薮塚本町に抜けます。ワタシはこの町の山際の田園風景が好きで、ワリとよくココまで足を伸ばすのですが、この町には、とんでもない史跡というか廃墟というか・・・ ・・・≪薮塚石切場跡≫なる不可思議極まりない謎めいたスポットがあります…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

両毛その細き糸と麺

思い出したかのように「両毛との細きつながり」的なペヤング堪能(シリーズの詳細はコチラ。業務繁忙のため、こんな事をやっとったことすら忘れていました) ・・・この一億総小ジャレな現代において、「味自慢!!」はあまりにもストレート過ぎてダサい・・・のようで、逆に新鮮。開き直った人間の美学すら感じます。「旨いよ!!」も脱力感タップ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

佐野FEVER

邑楽亭から足利オヤジ新年会には、邑楽亭から東武小泉線で館林駅⇒館林から東武佐野線で佐野駅⇒佐野からJR両毛線で足利駅というルートで向かうのですが、途中の佐野駅で待ち時間が少しあったので、駅前近辺を軽く逍遥してみました。 ・・・早速北関東両毛トホホ物件に遭遇。おおっ! コレが噂の『さのまるくん』ですか。2013年の「ゆるキャ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

定点似非群馬愛痛感観測(2013年11月25日)

・・・昨日『邑楽蕎麦』を食らった後に立ち寄った群馬・大泉の書店にて発見⇒似非群馬愛が俄かに燃え出し、衝動購入。が、読めば読むほどに似非愛の「似非」を痛感する。要するに、群馬県民オンリーの「あるある」ネタが取り上げられているだけの本なのですが、こういう微妙かつ独自、しかも何気ない「あるある」って、幼少期から少なくとも青春期までを群…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

邑楽の蕎麦アゲイン茨城プラス

前回帰省時に群馬・邑楽の農産物直売センター併設の食堂で食べた田舎風手打ち蕎麦がなかなかに美味しかったので、再食へ。 ・・・今回は北関東の寒い冬仕様の『けんちん蕎麦』650円。白髪ネギが丁寧な仕事ぶりを物語っておりますな。 ・・・もう、見るからに「田舎の農家のおばちゃん手作り」感とか愛とかが溢れまくっている野菜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

午後10時半の館林駅・東武小泉線ホーム

・・・終電一つ前の西小泉駅行き電車が佇みます。こんな寂しい電車に乗った先に実家の邑楽亭があるワケです。北関東の秋の夜は、もうワリと本格的に冷え込んでいます。奇跡的に土・日と連休となったので、急遽群馬・邑楽へ帰省。 ・・・そして、前回帰省時に買い置きしておいた上毛グレート銘酒『桂川』で一献。 ・・・「も…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

11月のペヤング

今月も上州・群馬の至宝≪ペヤング≫で自己満足100%の群馬愛を似非確認。 ・・・今月のネタはコイツだ! もう、やりたい放題ですね、ぺ。 ・・・「やきそば」の文字以外、やきそば感ゼロ。 ・・・でも、こうして見ると、どうにもこうにもザ・ペヤングぢゃないですか。むしろ、どこがペペロンなの? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10月のペヤング

一週間の唯一の救いの日曜日・・・ですが、久々に風邪を引いたようです。喉のイガイガ感と微熱と胸の圧迫感と軽い咳。なのに、これまた久々のプチ突貫内職業務。先日千葉・柏でご馳走して頂いた元・大家さんからの依頼なので、断るはずもなく。 ・・・せめては、「突貫業務のお伴」とも言えるカップ焼きそばを昼飯に。そして、両毛との細い細い糸で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

両毛エレジー最終兵器

未だこの世(日本)にコンビニもファミレスも何もなかった時代、田舎町の国道沿いには、こんな施設が結構あったものです。 ・・・「オートスナック」とか「オートレストラン」とか呼ばれていましたな。施設内には缶ジュースとかカップ麺とか蕎麦・うどんとかトーストとかハンバーガーなどの自動販売機がズラリと並び、『インベーダーゲーム』登場後…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

群馬・両毛との細い糸

気が付けば、葛飾・金町に再移住してきて1年を経過していました。今でも月に一度くらいは群馬・邑楽に帰省しているのですが、それでも、以前と比べれば群馬・両毛との縁は随分と薄くなってしまいましたがね。 ・・・せめては、時折群馬・両毛の至宝≪ペヤング≫でも食らって、その群馬・両毛との間の糸を繋げ続けますかね。焼きそばだけに「細い」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more