思考停止赤城山

突風が吹き荒れる月曜日=業務定休日でございます。この突風に誘われるかのように出奔。

画像


・・・こういう風が強い日は空気が澄み、上毛の至宝≪赤城山≫の雄姿を思う存分堪能できるというワケでして、久しぶりに北関東ぐるり青春130円切符の旅@メインは両毛線へGO。おおっ、このオレンジ&グリーンのザ・昭和電車が当たり前のようにホームに滑り込んでくる高崎駅は素敵だ。素敵過ぎる。本日の無意味ぐるり行程は熊谷⇒高崎⇒小山⇒大宮⇒鴻巣⇒熊谷帰投という感じを予定。

(↓赤城山の前に、早くも榛名山の雄姿にKO)

画像


・・・高崎の山は榛名山。

(↓そして、前橋の山は赤城山)

画像


画像


・・イイねぇ・・・とにかくイイ。もう、泣けてくる。今日も電車の中で何かしら重要なことをいろいろ考えようと思って出掛けたのですが、この雄大かつ神々しい姿を目にしてしまうと、一体何を考えるべきだったのか、いや、そもそも考えるとはいかなることなのかさえ分からなくなります。ま、いいから、いいから。その内その内ね・・・と、赤城山が言ってくれている・・・ということではけっしてないと思いますが、ま、いいから。

(↓この思考停止にはコチラも一役買っていると思います。いや、二役か)

画像


・・・ちょっと贅沢に『菊水 ふなぐち 一番しぼり』288円など。「原酒」だからアルコール度数が高い=19度なワケ。そりゃ、思考が停まるのも当然ですな。『マヨネーズいかフライ』は100円。

画像


・・・このちょっとしたテーブルみたいなヤツがタマラナイ。こういう一見無駄とも思える造作がザ・昭和の思いやり。最近の電車は効率一辺倒ですな。

(↓桐生市あたりから高度は低いながらも、山が幾つも連なるようになります)

画像


(↓そして、両毛線沿線随一の奇勝・岩舟山)

画像


・・・相変わらず東日本大震災の傷跡=山体一部崩壊が生々しい。

(↓大平町~栃木市あたり。何かしらザ・原風景な佇まい)

画像


画像


(↓小山市近くになると、ザ・関東平野が登場。呆然とするしかない平らっぷり)

画像


・・・今日も冬の北関東の風景を西から東までずいっと堪能し尽くしました。結局何の結論も出るはずもなく。

<オマケ:間違い探し>

画像


・・・JR高崎線・北本駅近くで発見。ということは、アレか、あの後鴻巣で電車を降りて、その鴻巣から北本まで1駅区間丸々歩いてみたのか、このバカは。足の裏の皮が剥ける

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

TAMA
2012年03月27日 08:29
このシリーズに触発され、私も何度この両毛線旅をしたものか。もう出来なくなると思うと泣けてきます。特に赤城の雄姿は素晴らしい。
で、なぜに鴻巣北本?ボーリング??まさか。
熊池跳人
2012年03月27日 23:38
赤城山はどこにも行きませんよ。
関東に戻った際は、是非またお出かけ下さい。
最後は小山駅の天ぷらそばで〆!

鴻巣・北本間はまさに無意味ウォーキングです。
鴻巣市街の中山道を歩いていたら、駅まで戻るきっかけを失い、気が付けば北本に行った方が近い・・・的な感じでした。
柴又住人
2012年03月28日 10:26
向かいの普通列車にグリーン車が連結されてますね。昭和の時代、普通列車のグリーン車は東海道線と横須賀線だけのもので、高崎線の普通列車にグリーン車が連結されるなんて誰も予想してなかったことでは。
熊池跳人
2012年03月28日 23:58
沿線の宅地化と東京一極集中により通勤圏が北上したせいでしょうかね。
お疲れサラリーマンの皆様にとって貴重な休息の場所となっているようです。

京成金町線も高砂駅界隈で様変わりしたようですね。
近く確認に行きたいと思っています。