さらば李家

熊谷業務ラスト前。来週はプチ送別の宴を催して頂けるようなので、今夜が熊谷メシを楽しむ事実上最後の機会でございますな。

画像


画像


画像


・・・となれば、やはり≪李家≫に行くしかありませんな。熊谷業務でお世話になった同僚の方が付き合ってくれたので、思い出の品々全てを堪能できました。上から順に『回鍋肉定食』・『卵と野菜と豚肉の四川炒め』・そして青春(?)の味『棒棒鶏』。最後まで旨かったです。ま、この先何が起こるかなんて分からないので、「最後」というのは御幣がありますな。ともあれ、一旦サラバです。あ李がとう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

ryuu
2013年05月14日 17:21
お仕事、お疲れ様でございます。

改めて人生は旅であると認識させられますな~
人生という名の列車が走る~♪
・・・と、あの名曲が思い出されますが、
区切りは一つの人生の旅の終わりであると同時に
別の路線(別の人生)への乗り換え駅であり、
新たな旅のスタートでもあるんでしたな。。。
葛飾散人R
2013年05月14日 23:03
お疲れ様でございます。
お久しぶりでしょうか。

深く沁み入るコメントを賜り、ありがとうございます。
お陰様で、ただ地方都市の大衆中華料理屋でメシをかっ食っただけの記事が、重厚な日記になったようです。

もはや熊谷も遠くなりにけりです。
もう少し経てば、「ふるさと再訪」の気分になるかと思われます。

目下は「東京全市町村に行くぞ(島は除く)」を進行中です。
随時更新予定ですので、今後ともご愛顧よろしくお願い申し上げます。