定点妖怪正直イマイチ(2015年6月21日)

『しゃばけ』シリーズの第9作。コレも≪Book-Off≫の108円均一棚に解禁となりましたので。

画像


・・・4年前の話から始まり、そこから4年後の物語にいきなり飛び、それに今から1年前・2年前・3年前の物語が続き、最後に4年前の話、すなわち、冒頭の「今」につながる・・・という複雑な仕掛けの連作短編で、なかなか面白かったのですが、その複雑な筋を辿るのに集中せざるを得ず、物語本来の世界観をイマイチ楽しむことができませんでした。しかも、その苦労して追った筋のラストのオチ&冒頭部分との整合性が全く理解できず、う~ん、何だか読後感も優れず・・・誰かオチが分かった人は教えて下さい。つか、そもそもラストと冒頭シーンは整合していないのか? とか文句を言いつつも、第10作・11作と読み進めていくのでせうな。トータルではヒマだからな。

この記事へのコメント