今週の気合一本8

再びオーソドックスに真っ当地酒紀行。 福島県の有名銘酒『奥の松』ですが、やっぱり近所のスーパーで4合瓶が1000円(税込み)。「あだたら吟醸」というのが、ザ・福島を感じさせますな。智恵子。「吟醸」か否かよく分からない日本酒音痴のワタクシですが、まあ、それなりにじんわり味わえました。新潟⇒秋田⇒京都⇒石川⇒広島⇒高知⇒北海道…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

定点老後取崩し珍駄作(2015年11月15日)

「老後の楽しみシリーズ」の取崩しが3作目で中断しているエルキュール・ポワロ物ですが、最近我が葛飾・金町の≪Book-Off≫で大量の出物を発見、歓喜の108円均一棚にあったので、当然全て購入。こんな感じになりました。 ・・・で、以前我が群馬・太田の≪B-O≫で収集しておいた分と合体すると・・・ ・・・ぐはっ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富士そばを食べるタイミング

久しぶりに土曜日の池袋業務・午前の部が昼休みに若干ズレこむ情熱だったので、≪福しん≫の『野菜タンメン』大盛り⇒≪富士そば≫へ予定変更。普通だと『ラーメン&ミニカレー』のセット500円を食べるところですが・・・ ・・・昨日の昼に四谷≪政吉≫で至宝『豚カレーつけそば』520円を食ったので、何気なくコイツをセレクト。久しぶりに≪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四谷日高〆コメ

金曜日の四谷の午後10時前ですのでね。 ・・・今週もどうにか乗り切れそうです。明日一日業務が残っていますが、とりあえず一山超えたということで。≪日高屋≫で久しぶりに『ハイボール』270円で、メニューをじっくり検討。 ・・・ま、結局は最初のお友達はコイツですが。『おつまみ唐揚げ』290円。 ・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

非四谷非政吉の黄金セット

つまり、池袋の≪小諸そば≫のヤツです。 ・・・『たぬきそば』300円⇒プラス60円で大盛りの上を行く二枚盛り⇒つまり蕎麦が2倍+『稲荷寿司』130円=490円はワンコイン以下だったのか!!! ・・・「温かいかけそば」の蕎麦が2倍って、よく考えたら、凄いボリューム感ですな。「冷たいもりそば」だと全然気にならない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四谷うどん

水曜日の四谷業務ですが、「蕎麦」ではなく、珍しく「うどん」です。 ・・・うどんマニアの方ならご存知かと思いますが、おそらく「冷たい」と思われるうどん&「熱い」と思われ豚肉とネギのつけ汁のこの組み合わせは、そうです。アレです。 ・・・『武蔵野うどん』というヤツです。この春先にはいろいろ小さくクヨクヨした四谷業務…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今週の気合一本7

日本全国に地酒があるのは当然として、最近では「地ビール」も人気のようですが、実は「地ウィスキー」などもあったりします。ご存知でしたか? ・・・その名も『サッポロウィスキー』は勿論日本ウィスキーの聖地・北海道の地ウィスキーです。池袋の≪ビックカメラ≫の酒屋≪ビック酒販≫にて860円+税=928円。たまにはこういうのもイイでし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

定点新老後備蓄崩し進行(2015年11月8日)

池波正太郎大先生の後の「沁みる江戸物シリーズ」の早くも2冊目。どんどん老後備蓄を取り崩すワケです。 ・・・今回も沁みました。何より素敵なのは「登場人物全員善人」の優しい空気が漂う「かわせみワールド」の心地よさ。そんな中に事件・ミステリ的な要素も加わり、それがまた抜群に面白く、そりゃ、もうどんどん読み進めたくもなりますな。さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

当たり前の光景の復旧

土曜日午後10時半過ぎの≪ふるさと特急りょうもう号≫の車内の至福の光景。 ・・・先週は、悪夢の東武伊勢崎線運転見合わせのせいど、この光景を見られなかったのですが(駅のコンコースのベンチで消化吸収)、今週は無事にセッティング完了。当たり前のことが当たり前にできる平和に改めて感謝ですな。日付が変わる午前0時間近に群馬・邑楽亭に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海老で釣られる雑魚

土曜日の池袋業務。昼メシは≪福しん≫の『野菜タンメン』でも・・・ ・・・と思いきや、≪小諸そば≫の前を通り掛ったところ、コイツを発見。200円もお得ということであれば、素通りできるワケありませんな。しかも、昨夜ラーメン大盛りで〆たでしょ、アンタ。 ・・・で、この通り。スゴイことになっておりますな。だって、「ミ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四谷日高通常飲酒〆

金曜日の夜の通常の光景です。 ・・・四谷≪日高屋≫の『生中ビール』310円。これだけだと、何だか荒んだ寂寥ですが・・・ ・・・仲間が集まれば、一気に愉快な気分に。楽しい金曜日の夜となります。『おつまみ唐揚』290円+『餃子3個』110円。楽しい。つか、≪日≫の唐揚はいつ食っても美味いな。『チキンラーメン』の味…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

期間限定終了後の店舗限定

最近の≪松屋≫の新メニューはなかなかイケますな。今日は以前食って大いに気に入った『バジルハンバーグ定食』か『豚肉茄子辛味噌炒め定食』のいずれかを食らおうと、池袋業務の帰りに西日暮里で途中下車したところ、既に期間終了。ギャふん。 ・・・代わりに、こんなポスターを発見。イイじゃないか。大盛り無料だしな。 ・・・そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今週の四谷政吉

11月4日(水)の昼 ・・・鉄板の『豚カレーつけそば』520円。 相変わらず「豚」度に気合が入っている。が、今日は玉ねぎの煮込み度がイマイチだったかな。政吉にしては珍しいミス。あくまでも、個人的な好みですがね。そろそろ『豚カレー南蛮そば』に移行時期か? 11月6日(金)の昼(当たり前のように週2通い) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今週の気合一本6

名前からして完全に高知の地酒ですが、これもほぼ日本全国のスーパーで買える準ナショナルブランドとも言えましょう。 ・・・近所の≪マルエツ≫で購入。4合瓶868円(税抜)のザ・日常晩酌酒。久しぶりの非純米=本醸造はすっきり辛口、おお、これぞ日本酒の味・・・と言えるほど、日本酒の味が分かるワケではありませんが、やはり純米にはない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

定点人間失格本領発揮(2015年11月1日)

毎度お馴染の≪Book-Off≫で時代小説やミステリ小説やハードボイルド小説を渉猟する際、こういう本も手に取ります。そもそも文弱の徒ですので。 ・・・大文豪の最晩年の短編集。元々暗鬱、でも結構明るくてユーモラスな大文豪の、やはり晩年には暗さがまとわりつきつつも、どこか哀しいユーモアが・・・大文豪の深さは計り知れない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暗夜の青い一灯

池袋業務終了後、毎月の行事・ふるさと特急りょうもう号で群馬・邑楽へ帰省のため、北千住駅の東武線ホームに向かったところ、何だか様子がオカシイ。明らかにオカシイ。どうやら、路線上で踏切大事故⇒運転見合わせ⇒復旧のメド立たず・・・らしい。こりゃ、もう、どうにもなりませんね。ビヨンド・コントロールの出来事を憂えたり、腹を立てたりしても、無益有害…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日高でもさらば夏メニュー

≪福しん≫の『つけめん』が終了してしまったので、冷たい中華麺を魚介系のつけだれにタップリ浸してズズズっと・・・は≪日高屋≫の『和風つけ麺』しかないか・・・と思いきや、≪日高≫でも終わってしまっていたのね。どうするか。もう、入店して席に座ってしまってますがな、池袋店。 ・・・已む無く、「ズズズっと」だけは満たせる『汁なしそば…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

豚と牛に負ける松の鶏

「米」と「牛」の後は・・・ ・・・どうやら「鶏」が騒いでいるようですな、≪松屋≫さん。 ・・・ま、慌てず騒がず、まずは一口ジョッキ生ビールを150円でね。おや? 食券には「鶏」の文字が・・・ない。 ・・・基本的に何でも無難に美味い≪松屋≫さんですが、個人的に「鶏」だけは時々外れるのです。今宵は保…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

晦日の視覚勝ち

四谷≪政吉≫の「晦日そば」の日です。蕎麦が大盛り無料。そりゃ、行くでしょ。別に晦日でなくても、いつも行っているけど。 ・・・で、ついにコイツの視覚勝ち。『豚カレーつけそば』だと、汁量的に蕎麦大盛りにカレーつけ汁が対応できないのでね。大盛り勝ち。 ・・・おおっ、この色合いは「坦坦」系のつけ汁か? 見るからに辛く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福タンの季節

『つけめん』が終わってしまったので、足が遠のくと思った≪福しん≫ですが、街を吹き渡る風が冷たくなるにつれ、美味しくなるヤツがいましたな。 ・・・コイツです。『野菜タンメン』490円を大盛り無料券発動でガッツリと。 ・・・おおっ、まさに野菜まみれ。これ一杯で一日分の野菜を摂ったというプラセボ安心感があります。野…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more