テーマ:両毛グルメ

大晦日のいつもの光景

①夕方過ぎの東武伊勢崎線≪ふるさと特急りょうもう号≫で群馬・邑楽の実家に帰省。 ・・・大晦日夕方のふるさと特急は帰省客・お出掛け帰り客で毎年確実に満席。従って、窓際の席に座ってゆったり寛ぐためには、3日前までには業務帰りの北千住駅で特急指定席券を購入しておきます。そんなどうでもイイ小さな努力あってこその「いつもの光景」とい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

JR小山駅ホーム宿木緊急事態

コレがその小山駅のアレです。 ・・・夕暮れ時、暗くなり始めたホームにポツンと灯る立食いそばのあかり。まさに「ただ一灯を頼め」です。 ・・・否、「ただ一杯を頼め」です。小山駅のザ・立食いそば・オブ・立食いそば=『天ぷらそば』370円の堂々たる佇まい。 ・・・おおっ、いつもながらのフカフカ具沢山の天…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

久々両毛至宝セーブオン

昨日は我が青春の地・栃木県足利市で紅葉⇒ご当地B級グルメ『ポテト入り焼そば』⇒紅葉と、ある程度活動的に過ごしましたが、本日は昼からコタツで怠惰三昧。もちろんアルコール含有で。 ・・・その予定で、昨日の内に取り揃えておきました。久々に両毛至宝コンビニ≪セーブオン≫のエレジカルな品々も堪能したくてね。 ・・・この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人知らぬ足利B級グルメ

足利・山川≪長林寺≫での明日をも恐れぬ臨時山登りのため、若干小腹が空きましたな。で、足利と言えば、蕎麦の街、名店が目白押しなので・・・ ・・・いや、「蕎麦」ではなく「そば」、しかも焼いたヤツ、つまり「焼そば」にしました。同じ県内の観光アピール上手・栃木市にすっかり後塵を拝してしまいましたが、個人的には我が栃木・足利市こそが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今回の両毛酒直送便

今回帰省時に購入した両毛逸品を二品。 ・・・いや、さすがにコイツを手にして持ち帰れるはずもなく、青春街道・国道354号線沿いにある≪Book-Off≫群馬太田店で買い貯めておいた古本なんかと一緒に宅急便で東京へ送る。イイ歳こいて、老母に宅急便で酒を送ってもらうとは・・・すいません。その分、激しく労働した日に限定して飲みたい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老母と鯉と鰻

今回の群馬・邑楽帰省は久しぶりに3泊4日のゆったり滞在なので、「一日くらい、夜は外食に行きませう」という老母の提言に従い・・・ ・・・そりゃ、ココでしょ。もう、焼肉とかハンバーグなんかよりも、魚だ。しかも、川魚よ。 ・・・ザ・川魚。あ、「鯉のあらい」ね。400円かな。 ・・・母ちゃん、スマンね。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ブラジルサンド

本日の両毛昼飯。駐車場に止めた車の中でサンドイッチと炭酸ジュースって・・・まるで刑事の張り込み中みたいですな。 ・・・でも、ただの張り込みメシではありません。 ・・・コチラの一品、なんと「ブラジル風サンドイッチ」・・・という名前があるワケではなく、商品名は『ハムチーズサンド』350円。いや、これを作っている所…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東銀座ぐんま得物

東銀座のド真ん中の一等地に、こんなモノが・・・ ・・・こんな立地にご当地アンテナショップを出せるとは、随分潤っているんですね、我が上毛・群馬県よ。そりゃ、最後に立ち寄ってみましたとも。 ・・・そりゃ、買うでしょ、コレは。前回群馬邑楽のスーパーで老母が買ってくれていたヤツが旨かったのでね。前回は「つぶ」味噌でし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

両毛の細い糸の小さな復活

いつの間にかコンビニの店頭に復活していました。いろいろあるでしょうけど、とり急ぎ大慶。そりゃ、買うでしょ。 ・・・何だか雰囲気が変わったような・・・ ・・・あ、密閉パックのジェット湯切り式になったのですね。以前の前時代的なフタ付きカップの湯切り穴式も懐かしいのですが、やはり、この方がイージーですね。衛生的なア…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

両毛酒が待っているのみ

今週から金曜日にも朝一業務が入ることになり、結局今年の通常業務は、水曜日から土曜日まで朝一⇒夜のドップリ三昧が4連荘ワッショイ。しかも、土曜日の最終業務時間帯も来週から埋まることになったので、おおっ、結構ハード、というか、池袋・四谷通常業務史上最ハードな感じになってきました。 ・・・そうなると、もはや葛飾で両毛酒を楽しむく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今回の両毛酒マイナー

今回は両毛圏内のスーパーや酒屋でもなかなかお目にかからない、ある意味「幻の銘酒」を。 ・・・群馬・太田(旧新田町地域)の地酒蔵≪山崎酒造≫さんのコチラ。4合瓶で900円前後の日常普通晩酌酒。でも、本醸造です。前々回帰省時に、老母と伊勢崎へ河津桜を観に行った帰りに立ち寄った≪道の駅 おおた≫で購入。 ・・・とに…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

泉が待っている

本日の晩酌の主役は、もはや金町亭定番の一品・がんも煮。煮汁をたっぷり吸い込んで、ぶくぶくに太った厚揚げをひと噛みすれば・・・ ・・・って、その背後の銘酒の方がとんでもない大物ですぜ。 ・・・前回帰省時に諸々の物品を送るために宅急便を利用した際、コイツもひっそり忍ばせておきました。4合瓶の本醸造酒で950円前後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今回の両毛麺

4月に入ってからの諸々業務の連続により、さすがにシンドかったので、いつもの(?)自販機麺を楽しむ体力・気力はありませんでした。 ・・・ので、今回の両毛麺はコイツ。昨日の内に買っておいて、今日の昼、邑楽亭のコタツ(寒いのよ、4月半ば近くでも)で缶黒ビールと共に。ザ・両毛は天下の≪セブンイレブン≫だって、ちょっと妙なのです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久々に今回の上毛酒

最近の帰省では、なかなかゆっくり上毛地酒を楽しむ機会がなかったのですが、今回は2泊3日だったので、久々に堪能。 ・・・となると、やはり、基本のコレ。名上毛地酒蔵≪柳澤酒造≫さんの銘酒『桂川』でしてね。 ・・・見てください、このいかにも濃厚そうな色合いの液体。いやあ、相変わらずの甘口がタマリマセンな。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最新両毛麺

館林うどん・太田やきそば・桐生うどん・足利そば・佐野ラーメンなどなど、まさに「麺天国」の両毛地域ですが・・・ ・・・最近、帰省して食べる麺はコイツです。 ・・・前回帰省時も訪れた国道≪旧354号線≫沿いの自販機コーナーです。伊勢崎に向かう途中にちょうど通るので、好都合。 ・・・で、初賞味の自販機…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

細き糸の行方

こんなネタを気軽に書ける状況ではなくなってしまいました。 ・・・あまりに問題が重大過ぎるので、ココで軽々しくいろいろ述べるのは差し控えたいと思います。 ・・・ただ、この商品の味自体は悪くありませんでした。 ・・・トッピングの干し海老のみならず、海老油の風味が効いていて、麺とのからみも悪くない。美…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

続・東毛自販機オトナ食い

珍しく群馬・邑楽亭で過ごす週末が両日とも快晴でした。老母お手製の田舎料理を肴に、昼からコタツで両毛酒などをかっくらいながら、テレビをダラダラ三昧・・・もオツなのですが、さすがに一日くらいは出掛けるべきですな(ということは、昨日はダラダラ三昧)。 ・・・で、出掛けた先がココか。北関東の青空に映えるこの看板は・・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の両毛絆細糸麺

予定通り、今回の「両毛との細い絆の麺」はコチラで。 ・・・もう何でもアリな両毛の至宝≪ペヤング≫さん・・・と思いきや、よく考えたら、「もんじゃ」も「焼きそば」も鉄板で焼いて、しかも、ソース味じゃないか。 ・・・ということは、逆に、新しい化学変化は何もないんじゃ・・・見た目も普通に焼きそばだし・・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

両毛との細き糸の大盛り

奇跡的な巡り合わせにより、平日の休日。で、のんびりと忘れた頃の≪ペヤング≫で我が両毛地域との絆を強めるシリーズなど。もちろん昼からビール(風飲料)でっせ。 ・・・今回もグッとくるでしょ。どうですか、この脱力デザイン。焼きそばなのに、緑色が全面に・・・実に不可思議なセンスのパッケージです。しかも、なぜ今更「野菜炒め」を特集?…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北関東ホームセンター食堂

夏の群馬・邑楽帰省最終日。邑楽亭で使うためのちょっとした台所用品を買いに、北関東ホームセンターの双璧の一角≪カインズホーム≫へ・・・ ・・・その前に、いや、それと同時に、昼飯にラーメンなど。つまり、入り口脇に併設のフードコートがあります。その名も≪カインズキッチン≫ね。 ・・・『しょうゆラーメン』が280円っ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

両毛立ち食いそばエレジー

しかし、その上州未知市掃討の旅で最初に降りたのは・・・ ・・・もう何度も何度も訪れている両毛仲間・隣町の群馬・桐生のJR駅。 ・・・ま、降り立ったと言っても、昼飯を食おうとコチラに立ち寄っただけですが。つか、栃木・佐野から旅がスタートしたのだから、『佐野ラーメン』で昼飯を済ませば良かったのに・・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今回の両毛酒+北関東めし

ありがたいことに、帰省時の邑楽亭冷蔵庫の中には、酒に合いそうな美味しい肴がたくさん(みょうがの酢の物・冷奴・キュウリのヌカ漬け・厚焼き玉子・中華クラゲ・ポテトサラダなどなど)あるので・・・ ・・・「むしろ酒は脇役、料理が主役」となるコチラの銘酒を。まさに飲み口すっきり。夏の昼間から、美味しい肴を前に、両毛地酒を冷たくして飲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

両毛との細き糸を楽しむ余裕回復

今日の昼飯はコチラ。昼飯にカップ麺を食えるということは、昼飯を家でゆっくり食える状態になったということですが、だから何なの。 ・・・で、久々に「両毛との、赤くはないが、細い糸」のペヤング堪能。以前食った際になかなか美味しかった「焼き“蕎麦”」の新味バージョンらしいです。 ・・・大抵のモノは、良くも悪く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

両毛との赤き細い糸

予定通り、今月の「両毛との細い細い絆」の麺はコチラ。 ・・・何でしょうなぁ。。。 もう、この際やりたい放題といった感じです。陽気にも程があるっ。しかも、「ナポリやん」なる怪しい関西弁も壮絶に脱力だ。北関東バリバリなのに、なんで関西弁やねん。 ・・・それとも何か、この脳天直撃な脱力オジさんが「ナポリやん」なのか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

両毛との細い糸リニューアル

GWに群馬・邑楽に帰省したばかりですが、その際に地元のスーパーで購入した「両毛との細い糸」を早くも賞味。東京のコンビニでも買えますけどね。最近カップ麺のストックが少ないもんで。 ・・・前回賞味時に大絶賛美味だった傑作商品のリニューアル版みたいです。 ・・・麺の色はどう見ても「蕎麦」だし、「スープ」ぢゃなくて「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最果てのじゃがいも麺

まだまだ続く「両毛麺巡り・2014GW」の第三弾(急遽延長戦)は『足利ポテト入り焼きそば』をお持ち帰りにて。あ、昨日の話ね。まだGWリズムが抜けないワケ。 ・・・やはり「焼きそば」は、こういう普通の家の一角でオバちゃんが作ったヤツを持ち帰りで食べる・・・というスタイルもしみじみオツですな。≪きくち≫さんというお店です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

憧れの肉蓋麺

『太田焼きそば』に続く「両毛麺巡り・2014GW」(急遽設定)の第二弾は無難に『佐野ラーメン』でも。 ・・・もう長い長い長い間憧れ続けた名店へ、ついに到達。関東平野の超北端部⇒もう山地が出現し始めているという、やや辺鄙なロケーションなので、なかなか来る機会がありませんでした(メンドクサかった)。GW最終日ということもあり、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

群馬太田黒麺

なんでしょうか、このドス黒い不吉な麺は・・・ ・・・群馬・太田にだってイカ墨のパスタくらいありますが、コレはソレではありません。 ・・・焼きそば? ・・・そうです。我が群馬県太田市は「日本三大焼きそばの町」なのです。その中でも抜群の知名度を誇る有名店≪岩崎屋≫さん。焼きそば専門店なのに、この立派…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

葛飾で両毛酒を飲む至福

暦上は春となりましたな。が、まだまだ気温は十分低いので、春とは名ばかりです。がが、その分、熱燗をしみじみ楽しむ時間も続くワケです。 ・・・前回の群馬・邑楽帰省時に≪BOOK―OFF≫で大量に古本を購入(田舎の国道沿いの大型店は品揃えが東京よりも上。競争率が低いので、掘出物も多い!)、さすがに手荷物で東京に持ち帰るのも辛いの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

両毛その細き糸と麺

思い出したかのように「両毛との細きつながり」的なペヤング堪能(シリーズの詳細はコチラ。業務繁忙のため、こんな事をやっとったことすら忘れていました) ・・・この一億総小ジャレな現代において、「味自慢!!」はあまりにもストレート過ぎてダサい・・・のようで、逆に新鮮。開き直った人間の美学すら感じます。「旨いよ!!」も脱力感タップ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more